交通事故治療に適用される保険と制度

日常生活には犯罪や事故など、様々な危険が潜んでいます。例えば、交通事故に巻き込まれてケガをするかもしれません。外傷がなくても後遺症になってしまう危険性があるため、交通事故治療を受ける必要があります。ここでは、交通事故治療で使える保険や医療費の救済制度についてご説明します。

保険診療と自由診療について

交通事故治療には、健康保険や労災保険を使う保険診療、または社会保険を使わない自由診療が適用されます。被害者に過失がない場合は、加害者の自賠責保険・任意保険から損害賠償を受けるため、加害者側の保険会社が病院へ支払った損害賠償金で自由診療となるケースが多いです。

つまり被害者が費用を立て替える必要がないため、安心して施術が受けられます。しかし被害者にも過失がある場合は、加害者の過失分だけしか賠償を受けることができません。したがって自己負担が必要になるため、費用を抑えるなら保険診療がおすすめです。

医療費の救済制度とは

事故に巻き込まれてケガをした場合、医療費は加害者が支払うものです。しかし、すぐに加害者が支払うのではなく、被害者が立て替えておくケースも少なくありません。そうなると、支払いに困る方も出てきます。

そういった場合に役立つのが、自賠責保険の仮渡金・内払金の制度です。仮渡金は損害賠償額が確定していなくても、当座の医療費や生活費を請求できる制度で、内払金は交通事故治療が長引く場合などに損害額が確定していなくても請求できます。交通事故に遭ったら今後のことが心配になると思いますが、まずはきちんと検査を受けて改善を目指すことが大切です。

当院では、お一人お一人の体の状態をしっかり確認してから、改善を目指していきます。安城市で整骨院や接骨院の利用をお考えの際は、お気軽に当院をご利用ください。自賠責保険を使えば自己負担の必要がなく、安心して施術を受けられます。

有名な病院に行ったけど良くならなかった、状態が安定しないなどの悩みを抱えていましたら、まずは一度お越しください。

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ