2020年04月19日

GHOST 第17話

 

吉田はタバコの火を承に押し付けた後

何かに気づく。

「お前、何持ってんだ?」

承の手に持っている物に目が留まる。

それは俺が生前にしていた腕時計・・・

「おい。なんでこんなもの持ってんだ。

ガキの分際で!!!

腕時計なんてしゃらくせえ。

こんな物いつまでも持ってるから俺に懐かねえんだ。」

と言ったところで

「ただいま。」

有子が買い物から帰って来る。

「今から食事作ります。」と部屋をのぞき有子が淡々と言うと

「おい。これ見ろよ。コイツ今でもこんな物持っていやがった。」

すかさず吉田が腕時計を有子に見せる。

「あっ。それ亡くなった主人の・・・

承が思い出として大切に持っていたのね。

あなた・・・嫌じゃなかったら代わりに時計はめてくださらない?」

有子が申し訳なさそうに言う。

「お前、本気でそんなこと俺に言ってんのか?

こんな死んだ奴の時計・・・縁起でもねえ。

気色悪くてはめられるか。

かえって祟られるってもんだ。」

俺がすぐ近くに居て聞いているとも知らず

何もわからず俺の悪口を構わず吉田がバンバン言っていることに

無性に腹がたってくる。

GHOST「ああ。そう言うのならお前の望みどおりに祟ってやろうか。」

どうせいつものことながら伝わっていない。

自分ひとりが腹をたてているだけ損な気がする。

「コイツの不幸が俺にのり移っちまうじゃねえか。

GHOST「お前が承を不幸にさせてんだろ。」

「苦しむのはコイツだけでいいんだ。

なんで本当の親でもねえ俺が

コイツの不幸分まで背負わされなくちゃいけねえんだ。

こういう縁起でもねえものはな・・・

こうしてやるのが一番なのさ。」

吉田は居間から窓を開けベランダに出ていく。

手に持っていた腕時計を

空中に向かい投げ上げる体勢をとる。

そして次のように言う。

「お前の忘れ物だぜ。ぼんくら。

これでお前のものでこの世にあるものは

承だけだ。まったくやっかいなものこの世にこしらえやがって。

俺がゆっくりとお前の分身をいたぶってやるからな。

あの世からよく見とくんだな。

その前に・・・っと

受け取れ。このガラクタ・・・」

吉田は天空に向かい大声で叫ぶ。

俺に向け発した言葉であることはすぐわかった。

GHOST「馬鹿。何する気だ。やめろ。

それは承が唯一大切にしている物なんだ。

残してやっておいてくれ。」

吉田は有無を言わさず

4階から天空へ向け腕時計を放り投げる。

「ビューン!!」

GHOST[馬鹿。やめろぉ~]

「あなた、やめて。」

「ぼくのおとうちゃ。とけい・・・」

その瞬間、泣きながら承は叫ぶ。

まさか吉田が4階から俺の形見である腕時計を放り投げるなんて・・・

想像もしていなかったに違いない。

承は慌てて玄関に向かい時計を追いかけようとする。

「おっと、そうはさせるか。

お前を外なんかに出しちまったら俺の虐待がわかっちまうだろ。

2度とお前なんか外に出すつもりはねえ。」

吉田が承の行く手を阻む。

暴れる承を力づくで抱きかかえるとすぐさま床へと叩きつける。

「バシーン!!」

「おとうちゃ。おとうちゃ。ぼくのおとうちゃのとけい~あぁ~」

全身をフロアーに強く打ちつけられ痛がりながらも

必死になって腕時計を失ったことに対して狂ったように承は泣き叫ぶ。

「うるせえ。静かにしろ。

まわり近所に聞こえるだろ。

だまれ。

だまれと言ってるだろ。わからねえのか。

そんなうるせえ奴にはお仕置きしかねえな。」

と言うと近くにあるクロゼットの扉を開ける。

そしてクロゼットの中に承を押し込めようとする。

GHOST「やめろぉ~。たのむ。たのむ・・・」

俺は吉田が今から何をしようとしているのか瞬時にわかると

大声で叫ぶが吉田にはこの声は届かない。

最後は力なく拝むしかない。

「あなた何するの?やめて。」

有子も大声で泣き叫んでいる。

承は慌ててクロゼットから出ようとする。

行く手を塞ごうとする吉田。

思わず吉田の手が承の顔へと覆いかぶさる。

ガブリ!!

「いてぇぇぇ。こいつ、俺の手を今咬みやがった。」

お互い吉田も承も必死の形相になっている。

「チクショ~どこまでお前はクズなんだ。

このクソガキぃ。

もうゆるさねえ。」

そう言うと承を大人の力で強引にねじ伏せ

首根っこ捕まえベランダに連れていく。

GHOST「なにする気だ。」

「あなた、お願いだからもうやめて。」

吉田は承をよいしょと持ち上げたかと思うと

両足を抱えたまま承を半身だけベランダから柵を乗り越え外へと放り出す。

GHOST「あぶない。」

それを見た瞬間、あまりの残酷さに有子はその場で気絶してしまう。

「ぎゃぁー」

暴れまわり叫び狂う承。

4階から放り出された怖さのあまり

段々と承の動きが固まってくる。

承が気を失い完全に固まったところで

吉田は承の両足首を持ち

承の全身をベランダの外へと吊るす。

承の体は吉田の両手によって両足を持たれ4階から宙吊り状態。

もし吉田の手が離れることになれば

4階から落下して地面に叩きつけられ命を落とすのは確実である。

「おら。怖いか。

どんなに叫んだってお前のお父ちゃんなんて助けに来てくれやしねえぞ。

死んじまったんだからな。わかってんのか。

お前を捨てたも同じってことだ。どうだ悔しいか。

だからどうなろうともお前は俺に従うしかねえんだよ。

俺の奴隷になるってこった。

それがお前の今ある生きるための術だ。

どうだ。よくわかったか。このクソガキ。

俺様の偉大さを思い知れ。」

吉田は悪ふざけでもして楽しんでいる子供のように

顔はニヤつきながら承を虐待する。

GHOST「ひどい。ひどすぎる・・・」

絡まった糸を揺さぶらせて解こうとするように

承の体を前後に振ったかと思うと左右に振り回し

さらに自分自身がスリルと快感を味わうように

ベランダの柵の上に自分の前腕をあずけテコの原理を利用して

承の体を上げては下げしながら上下動させる。

「ぎゃあ~」突然、意識を取り戻した承は

今ある現状に気づき悲鳴を再度あげる。

しばらくすると承は大人しくなる。

信じられない状態にされていることにまた気絶したのだろう。

GHOST「頼む。やめてくれ。頼む・・・お願いだ・・・」

どうあがいても俺の切なる思いなんて決して届かない。

承が完全に気を失っているとみるや

承の体をベランダの柵から引き上げ

部屋の中へと戻す。

よかったと安堵するのも束の間、

吉田はヘロヘロになって元気のなくなった承を

クロゼットの中へと再度閉じ込めようとする。

承を監禁することは、まだ諦めていないようだ。

実にしつこい。

ワニやらサメが食いつくように絶対何が起ころうと離さない感じで

手足が無くなるまで死闘を繰り広げるつもりらしい。

むしろ気絶でもさせたら好都合。

承を自分の思うように扱いやすくなるとの判断だったのかもしれない。

意識が戻った承は尚も必死の思いで抵抗を始める。

絶対出してなるものかと吉田は足で承を力いっぱいクロゼットの中へと蹴飛ばし

そのまま片足で承をクロゼット奥の壁に押さえ込むと

急いで承を押さえている片足を一気に離し

「ガチャン」と扉を力任せに勢いよく閉める。

クロゼットの扉の前に重そうなタンスをすばやく置いて出口を塞さぐ。

GHOST「やめろぉ~やめてくれぇ~」

俺は地の淵から渾身の力を込めて泣き叫ぶ。

承は暗闇の中でクロゼットの扉を思い切り叩き

俺と同じように泣き叫んでいる。

こうして承のクロゼットの中での生活が始まるようになってしまう。

 

 

つづく

 

halloween_obake

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年04月18日

GHOST 第16話

木漏れ日降り注ぐ部屋の一角で昼の穏やかな時間を

吉田と承は一緒に過ごして居た。

俺も別世界から承を見守っている形ではあるが・・・

有子は買い物に行って家にはいない。

それは突然に起きた。

「ぼくのおとうちゃ、やさしいひと。」

たったこの一言。この一言を承が言ったがために

事態は急変する。

承は日差しによるあまりの気持ちよさに

気が緩んでしまい独り言として無意識に呟いてしまったのだ。

吉田はそのちょっとした瞬間に承が発した言葉を聞き逃さなかった。

「はあ?今なんて言った?

もう一回言ってみろよ。」

吉田は承に自分とこの俺とを比較されることを一番嫌った。

「なんだ、このくそガキ。

ほんとかわいくないぜ。

こうして俺が隣にいるときでもお前は死んだ親父のことをいつも思ってんだな。

なら俺がまるで優しくないみたいじゃねえか。

そうか。お前の腹の中は

いつでもどんなときも親父の面影があるんだ。

いつもお前はそう思ってこの俺を汚らわしい存在だと思ってんだ。

なるほど。

そうだったのか。よくわかったぜ。

どうりで俺に懐かねえ訳だ。

だからお前は

いつまで経っても俺の前で可愛くねえガキでいられるんだ。

GHOST「お前がいつもそんな高圧的な態度で接するから

こうなるんだ。

もう少し優しくなれ。

人間の心は機械じゃないんだぞ。

スイッチひとつで言うなりになるなんて思ってたら

大間違いだ。」

「ぼくのおとうちゃ。やさしいひと・・・」

めげずに承は心のうちを明かす。

これが2歳で小さい体の承が出来る吉田に対する最大の反抗だった。

「はあ?おとうちゃ?なんだそりゃ。しっかり話せ。」

胸糞悪い言い方を承がしようものなら、

その言葉じりを捉えて、吉田はとても疎んじた。

GHOST「まだ承は2歳なんだよ。

お前も小さい時は、うまく話せなかっただろうが。

誰でも最初の頃は上手に話せない。

ゆるしてやってくれ。」

その時である。

よほど亡くなった父親のことを言われることが頭にきたのだろう。

吉田の吸っていたタバコが承の体へと近づいていく。

「ジュッ。」

焦げたにおいがまわりを漂う。

「ギャァーーー!!!」

突然に爆発する承のもだえ苦しむ声。

あまりの熱さに耐えきれず暴れ狂う。

一瞬、俺には、なにが起きたのかわからなかった。

GHOST「何するんだ。まだ2歳の子供だぞ。

やめろ。

タバコの火を

小さい子供に押し付けるなんて・・・

まともな人間のすることじゃない。」

俺がなんと言っても吉田の耳には届かない。

吉田は顔色一つ変えず

むしろ悪ふざけでもしている子供のように

薄ら笑いさえ浮かべている。

「ざまあみろ。」

吉田の心の声が俺の耳に届く。

現世で生きている者にとって

その人間の裏の部分

つまり本性というものは

なかなか見破れなかったりする。

影で存在するその人間の素顔

裏に潜んでいる悪の部分が

霊界にいると心の声となり聞こえてきて

現世では見られていない時に存在する残忍な素顔が

正体を現す。

吉田に関して言えば心の声を聞くことにより

更なる極悪非道ぶりが強調され悪の上塗りをすることになる。

GHOST[なぜなんだ。

なぜこんな奴が何の報いも受けず

この世にノウノウとのさばっているんだ。

神も仏もあるものじゃない。」

俺が今いる霊界というものはこういったところなのか?

何の手出しもできず・・・

悪の素顔というものを嫌というほど

見せつけられ・・・

段々とこうしたことが積み重なり

次第に・・・

守りたい人がどんな酷いことをされようが

霊界に生きている以上

見慣れてくるようになり・・・

耐え忍ぶしかなく・・・

気付いてみれば・・・

諦めの境地に突入していくってことなのか?

ここ最近の俺は自分の無力な存在価値を嘆いてしかいない。

これが現実。

 

 

これで承に対する吉田の虐待は済んだかに見えた。

まさかあんな悲惨なことが起きようとは・・・

 

つづく

 

halloween_ghost_14538-300x225

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年04月16日

GHOST 第15話

 

ある時、承が居間にあるソファに座っていたら、こんなことがあった。

「おい、誰の椅子に座ってると思ってる。

ここは俺の場所だ。

お前なんかが座るところじゃない。どけ。」

承へ向けて怒りをあらわにする。

吉田が近くに居るだけで緊張が走った。

そして続けざまに言ってくる。

「いろんなものをジャラジャラとここに置くな。

使った物は元通りに戻せ。しっかり片付けろ。

いったいどういう育てられ方したんだ。お前は。

それにだ。

クセえんだよ。お前。

自分の体のニオイ嗅いだことあるのか?

ものすごいくさいぞ。

どっかいけ。近づくな。俺から離れろ。」

GHOST「お前がおねしょの時だけ冷水を下半身にかける以外

まったく風呂に入れさせないからそうなるんだろ。」

吉田は承に向かい食べ物をあまり与えないどころか

ここ最近は暖かい風呂にも満足いくように入れさせていない。

GHOST「頼む。暖かい風呂ぐらい入らせてやってくれ。

食事も33度食わせてやってくれ。

承は俺達大人と違って日々成長してんだ。

ちゃんと面倒みて優しくしてやってくれ。」

俺の本心は吉田を殺したいほど憎い。

でも承のためにも自分の気持ちを押し殺し

ここはこの吉田に願いが通じるように懇願するしかない。

俺は住む世界が違うのだから。

言葉が通じない分、気持ちだけでも通じてくれることを願うしかない。

そうした俺の空しい願いも届くことなく

物事は吉田主導で過ぎ去っていく。

「俺から2mと近寄ってくんな。

目ざわりだ。

隣りの部屋へ行ってろ。」

そう言って承を隣の部屋に追いやるのだった。

しばらくして

キッチンで食事の支度をしていた有子が呼びに来る。

「あなた食事にしましょ。あれ?承はここに居ないの?

隣の部屋に居るのね。」

と言って承の居る隣の部屋のドアを開けようとする。

その時だった。

「おい。何するんだ。」

吉田が慌てて有子を静止させる。

「何するって。だって承にも食事を食べさせてあげないと・・・」

「ドアを開けるな。今すぐ閉めろ。」

「えっ。どうして?」

「くさいにおいが漂ってくるだろ。

俺達は今から食事をするんだぞ。

食事中にアイツのにおいなんか嗅いでみろ。

食欲も失せちまうってもんだ。」

「だって・・・」

「おい。いいか。この前も言ったよな?

俺の前では、だって・・・とか

でも・・・とか

言い訳じみた言葉使うなって。

何度も言わせるな。

俺はそういった言い訳じみた言葉を使われるのが一番嫌なんだ。

さあとっとと食べるぞ。」

そう言うと吉田はソファから立ち上がり勝手にキッチンへと向かう。

「すみません・・・」

有子がうつむきながら申し訳なさそうに言う。

有子は吉田の暴力に震えながらも

やはり吉田というこの男を愛しているのだ。

それが有子を従わせる大きな要因だった。

吉田は食卓の椅子にドカッと座ると

色んなおかずに箸が伸びていき

ムシャムシャと豪快に食べ始める。

「アレには俺達の食べ残しを与えとけ。

そんないくらなんでも贅沢だ。

まともな物をこれ以上アイツに食べさせたって仕方ないだろ。

俺の子供ではないんだから。」

口いっぱいに食べ物を頬張りながら満足そうに吉田は言う。

GHOST「この外道・・・」

この瞬間ほど俺は悔しいと思った時はない。

怒りで体がワナワナ震えた。

見捨てられた状況にある我が子を近くで見ていることが

どれほど辛いものか・・・

ひどすぎる・・・

なんでこんなゴミみたいな奴が家に来てしまったんだ。

じゃあ何か。自分の血が流れている子供以外、愛せないってことなのか・・・

どうすることもできない現実に只々おれは

悔し涙を流し歯をくいしばり我慢するしかできないでいる。

有子は吉田に反抗することを

いっさい許されていなかった。

歯向かえば攻撃されるとわかっている。

いつもそうだ。こんな奴に奴隷のように扱われているなんて・・・

何か目に見えない吉田のオーラのようなものに洗脳されていると言ってよかった。

こうして段々と承へ食事を与えることもしなくなっていくのであった。

ネグレクト(育児放棄)の始まりである。

 

つづく

 

 

 

2才の男の子

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年04月12日

GHOST 第14話

「おもちゃで遊んだら、ちゃんと片付けろ。」

「人が昼寝してる時は物音たてるな。静かにしろ。」

ドアの開け閉め。照明器具のオンオフ。

物に対する整理整頓。

ありとあらゆるものに家の中では吉田の目が光った。

少しでも吉田の意に反することがわかると

手が出て足が飛んできた。

承にとってこの世はまさに地獄と言えるものだった。

そんな俺も承の隣にいて承が虐待されるのを

ジッと我慢して見ていなければならなかった。

中でも吉田が一番怒ったのは承のおねしょである。

吉田は、ただ汚いというだけで後始末を手伝おうともせず

有子が清掃するのを後ろからじっとみているのだが

「罰ゲーム」と称し承を浴室の洗い場に立たせ

寒さに震えて泣き叫んで大声出そうが

冷水シャワーを下半身に向け5分間しっかりかけるのだった。

わんぱくな2歳の男の子に強要させるのはとても残酷とも言えるような話。

でも吉田は寛容なそぶりなど一切みせず

反発するようなことがあれば全て言い訳とみなし

決して許さず自分の気に入らないことは

何であろうが自分の思い通りになるまで攻撃していたのである。

2歳だろうが幼いと言うことを一切認めず

さも当たり前のようにこなす1人の人間が

そこに居るとしか認めなかった。

段々と承に対するささいなことが原因で引き起こされる虐待は

毎日のように生じるようになっていく。

吉田の暴力に対する歯止めが全く効かない状態。

まさに決壊した川のように

激流となって承の小さい体に襲いかかっていた。

承に殴る蹴るの虐待した後は必ず吉田はこう言うのだった。

「お前が言う事きかないからこうなるんだからな。

俺は何も悪くない。

お前がすべて悪いんだ。」と・・・

まさに悪魔と化していた。

昼間は有子を働きに行かせ

勝手に家に転がり込んできた吉田はロクに外へ働きにも行かず

名目上、まだ幼い承の面倒をみるとのことだったが

いっさいそんなことはせず

いつも家に居てダラダラしていた。

吉田はこの家すべてを牛耳っていて

命令に背くと有子であれ承であれ決まって大声で怒鳴りちらし

暴力を振るう。

そして生活の一部にまで細かく口をはさむ。

類を見ない最悪最低な奴だった。

 

つづく

 

hallo2018_18

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年04月09日

GHOST 第13話

死後の世界でさまよっている俺は

たとえ大声出そうが

物に触れようが現世ではあり得ることのない

違う世界に住んでいる異空間の人間。

ちっぽけなともしびだけがふわふわとこの世に漂っているだけの存在である。

吉田には俺の声は聞こえないし、遮るための抵抗すらできないでいる。

俺が吉田を殴ろうとしても空気をつかむように通り抜けてしまう。

今、現存するのは俺の感情を持った魂だけで

物理的に行動することは不可能と言っていい。

それがはっきり言って悔しい。悔しくてたまらない。

有子に至っては承に対しての態度が吉田に会ったことにより

ますます冷たくなっていくのがわかる。

事態は最悪な状態にあると言っていい。

もしも吉田の目前に俺がこの霊界から化けて出られるなら

コテンパンに吉田を叩きのめしてやる。

もしこの世に来ようものなら確実に俺が地獄に送ってやるのに。

芳一が耳をもぎ取られるどころの騒ぎだけでは納まらないレベルにまで

俺の中ではきている。

そんな考えも空しく

反旗を翻す者など誰もいない現状では全てにおいて

この家では吉田の思い通りとなっていた。

言い換えれば吉田はこの家の乗っ取りに成功したといえる。

そんな王様気取りの吉田がすることといったら

自然と標的は承に向けての児童虐待

そしてネグレクト(育児放棄)へと矛先は向かっていくこととなるのである。

 

つづく

 

A_helloween08top

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院・接骨院のおもしろい院長ブログ

安城市にございます南安城整骨院では、院長がブログを配信中です。院内の出来事や治療の事、お体の事、あるいは日常のちょっとした出来事などを綴っておりますが、ご覧いただいている常連の患者様などからは、文学調で面白いとか、エッセイを読んでいるようだとの感想を頂戴しております。
単に痛みの話や交通事故治療の話を語り、南安城整骨院・接骨院にいらしてくださいというのではなく、どこか小説を読んでいるような面白さでございます。是非一度、ご覧いただき、院長の成りや人柄、考え方に触れていただければ幸いです。
整骨院・接骨院での治療は直接お体に触れ、患部の症状を和らげていきます。そのため、やはり施術する人がどんな人であるのかは、患者様の関心事でございます。ブログを見て、この人なら任せられると思った方は、ぜひお気軽にご相談ください。

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ