2015年10月07日

今が旬 生しらす

レパートリーが少ないうえに、毎日同じスーパーだと、食事がマンネリ化してしまいます。
昨日は少し足をのばして、新鮮なお魚がたくさんあるお店に行ってみました。

 

お刺身のコーナーに、銀色にキラキラ光る生しらすが!!

 

ゴールデンウィークに実家に帰ると、必ずリクエストしていた生しらす。
春だけでなく、秋も旬なのですね。

 

実家では、酢味噌で食べていたので、さっそく作り食卓に。

 

やっぱり、違うスーパーに行って正解でした。
ビールに合うのは、言うまでもありません(“⌒∇⌒”)

 

 

投稿者 水・土曜日のK

 

 

2015年10月07日

はまってます

昔はオレンジのパッケージで子供の食べ物というイメージだったベビースターが、今は進化して大人の食べ物に変化を遂げている。

 

戦略の一つだろうが、商品名にもラーメンオツマミと銘打ってあって大人への食べ物になりましたよということをアピールしたいらしい。

 

そこまでわかって見事戦略に嵌まってしまう人間がいる。

 

自分のように……

 

最近では、1日のうちで食後必ず一回の割合で食している。

 

この前、三重県から友が来たので、無理矢理勧めてしまった。(笑)

 

奴は写真のピーナッツ入りの物は食べたことがないということだった。

 

昔、一回だけ食べたことがあったとのこと。

 

途中で延々と麺を食べていると飽きてしまうらしい。

 

確かにそうだ。

 

飽きさせないためにピーナッツ入りにしたのだろう。

 

 

そもそもベビースターラーメンは三重県の会社。

 

ピーナッツ入りになって今まで三重県に住んでいながら食べてこなかったなんて、自分からしたら人生の半分くらいは損して生きてきたようなもんだと友に言ってやった。

 

早速食べるよう勧めたら昼休みに奴は整骨院の待合室でムシャムシャ食べていた。

 

第一声が(美味しい)と言ったあげく、かなり気に入ったらしく、これからは大好きな酒のツマミとして食すのだそうだ。

 

悪酔いしないといいが。(笑)

 

よし、これでベビースター愛好家一人ゲット。

 

別に自分はベビースターの回し者でも何でもないが……

 

ただ奴に一言だけ言いたいことがある。

 

ボロボロ溢しながら食べるのは止めて欲しい。

 

昨日、待合室を掃除していたスタッフが、(やたらとラーメンのかけらのようなものが落ちてますけど)

 

と言っていたので

 

(そういえば、この前、小学生がベビースターを口一杯に頬張り、そこでボリボリ食べてたなぁ~)

 

と嘘を言っておいた。

 

 

実は(大の大人がそこで…)とは、とても言えなかった。

 

ベビースターを溢しながら子供のように食べる大人がこの世にいたなんて……初めて見た。

 

 

2015年10月06日

合宿。三重南部自動車学校へ

お久しぶりです。

 

シルバーウィーク〜10月2日まで
三重県まで免許を、とるため合宿に
行っていました。見事…
最短で帰ってこれました。

 

 

そして、昨日に平針試験場で
本試験…
一発合格です!すぐさま、親や先生に
連絡。2週間もお休みをもらっていたので
合格しなきゃいけないのに落ちたら
どうしようかとヒヤヒヤでした…

 

次は二輪の免許の予定ですが合宿は
迷惑かけてしまいそうなので
通いになりそうですね\(^o^)/

 

 

今日からまた普段通りの生活が始まります。

 

 

あっ、それと
ホームページの漫画の件もあるので
岐阜まで頼みに行かないと…

 

まだまだ忙しくなりそうです。

 

 

がんばります。

 

 

受付 辻

 

 

2015年10月06日

迷惑メール

携帯電話を使って15年近くなりますが、先月初めて大量の迷惑メールが届きました。

 

始まりは、1文字だけのメールでした。
「何これ?」と思っていると…

 

「〇〇さんが亡くなりました。遺産が〇億…」
「〇〇だよ。携帯無くしちゃって新しいアドレスに…」
「あなたのメアドと電話番号、写真がネット上に流出しています…」
「不在連絡です。お荷物を預かっております。」

 

たくさん来ること。
多い日は、30件以上になりました。

 

開かずにひたすらゴミ箱へ…

 

最近は1日1件程度になりました。

 

次は、どんな誘い文句かな…

 

あれ?ちょっと楽しんでる?

 

 

投稿者 水・土曜日のK

 

2015年10月06日

ギランバレー症候群

皆さん聞いたことあるだろうか?

 

 

医療系の学校に行った事のある方なら聞いたことがあると思う。

 

 

そしてこの病気を耳にするとこれに羅患した大物女優がいたことは有名な話である。

 

 

 

夕べテレビを見ていたら、その大物女優の生涯を放映していた。

 

 

この病気はどういったものかというと咳や発熱、咽頭痛、頭痛、下痢などから、ウイルスや細菌感染が引き金となり起こる自己免疫疾患であり、四肢、顔面筋力低下がみられる他、舌や嚥下筋の障害が出て、しゃべりにくい、飲み込みにくいなどの症状が現れることや、物が2つに見えることも。

 

呼吸筋の麻痺、また頻脈や不整脈、起立性低血圧、高血圧など自律神経症状が現れることもある病気である。

 

 

今頃その大物女優はこうなっているんだろうか?と、この病気を初めて耳にした時、よく想像したものである。

 

 

でも昨日の放映では女優の壮絶人生が白日の下に晒されていて想像をはるかに越えた困難が待ち構えていた現実を知って大変驚いた。

 

 

ギランバレー症候群がきっかけになり死を受け入れた時、栄光を掴んだ時の華やかさはどこにも無く、仕事は激減。

 

 

顔の整形が失敗になったことで鬱となり、最後は蓄えていた金も底をつき、自分の豪邸で静かに死んでいったという。

 

そして死後3日間発見されなかったらしい…

 

さぞ悔しかったに違いない。

 

病気というものは、なりたくてなるものではない。

 

でも羅患したことをきっかけに病魔はその人の下に確実に忍び寄って、たとえしっかりしていたとしても、怯んだ隙に容赦なくその人をゆっくりと痛めつけることとなる

 

 

凛とした清楚な女優だったのに・・・

 

 

 

南安城整骨院・接骨院のおもしろい院長ブログ

安城市にございます南安城整骨院では、院長がブログを配信中です。院内の出来事や治療の事、お体の事、あるいは日常のちょっとした出来事などを綴っておりますが、ご覧いただいている常連の患者様などからは、文学調で面白いとか、エッセイを読んでいるようだとの感想を頂戴しております。
単に痛みの話や交通事故治療の話を語り、南安城整骨院・接骨院にいらしてくださいというのではなく、どこか小説を読んでいるような面白さでございます。是非一度、ご覧いただき、院長の成りや人柄、考え方に触れていただければ幸いです。
整骨院・接骨院での治療は直接お体に触れ、患部の症状を和らげていきます。そのため、やはり施術する人がどんな人であるのかは、患者様の関心事でございます。ブログを見て、この人なら任せられると思った方は、ぜひお気軽にご相談ください。

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ