2022年10月26日

姐さんの名は、お龍

 

前回のブログでホテルマッサージの下積みの頃の話しをしたと思います。

今回はその続きです。

タコ部屋のことをお話ししたと思いますが、

そのタコ部屋での出来事です。

やはり一つの集まりがあるところには必ずリーダーって人がいるもんです。

そのタコ部屋にもリーダーが居まして、ビジネスホテル6畳1間の部屋の中に座布団が3枚ほど高く積まれ、そこにリーダーなる存在が座る訳です。

 

その周りを下っ端の我々が取り囲む形を取っているという具合です。

 

勿論、そのビジネスホテルの客だけに要望があればマッサージしに行くのかと問われれば全然違いまして

 

周りを取り囲むホテル群やら、ある時は10km20km離れた高級ホテルへと足を向けることは多々ありました。

ある時のことです。

 

先に来た3人のマッサージ師たちは注文があり出払っていて

 

偶然その部屋には私とそのリーダーしか残って居なく、必然的に私がそのリーダーへマッサージを施していたんです。

 

リーダーである彼女の名は龍。なんとも凄味のある名前です。

そんな時でした。

 

勢いよくタコ部屋のドアが開けられた途端、「わあぁぁうわぁ~ん」という大声で泣き叫ぶ声が耳に入ってきました。

 

何事かとよく見るとつい5分前にお客さんからマッサージの注文があり部屋へと向かった若いマッサージ師の女の子だったのです。

 

龍「どうした?」

 

女の子「ヒック。ヒック。Φ§%〇5Δ〈¶¶ΘΦ」

 

嗚咽混じりに泣くので声がこちらによく伝わりません。

 

女の子「ベッド・・・男・・・横・・・裸・・・ハンカチ・・・」

 

龍「大丈夫だから。もっと落ち着いて言いなさい。」

 

私「部屋に入ったら男の人が素っ裸で仰向けに寝ていて大事な所にハンカチを載せて寝ていたと言いたいんじゃないですか?」

 

言葉の端々から私は素早くそう読み取りました。女の子は私の顔見て「うんうん」頷きます。

 

この時、自分の読心能力の凄さに我ながら感心しましたが。

 

私「龍さん。俺がこの子の代わりに行ってきましょうか?」

 

龍「あんたが行ってどうすんだい?」

 

私「そのお客さんのハンカチが被せてある大事な所を指先でチーンと弾いてお経でも唱えてやりまっさ。」

 

龍「馬鹿なこと言ってんじゃないよ。あんた。ちょっとそこをおどき。」

 

龍姐さんはマッサージしていた私をのけるとスッと立ち上がり部屋を出ようとします。

 

龍「何号室なんだい?その部屋は?」

 

女の子「505号室よ」

 

龍姐さんの行動たるもの。ものの5分もしない内に部屋を出て行ったかと思うと

 

30分後には何もなかったような素振りで戻ってきたのでした。

 

何がそこであったかは聞かないでいましたが、表情ひとつ崩さない凛とした姐さんのその仕草に

 

その日、タコ部屋の雰囲気はどんよりと重たい空気が流れたのでした。

 

さすがヤ〇ザの妻である龍姐さんのすること。聞かないまでも落とし前はしっかりつけたのだと思います。

 

ひぇ~こわぁ~

 

あれから龍姐さんには会っていませんが、今頃どうしているんだろう?

 

まだホテルマッサージをしてタコ部屋では相も変わらず下っ端に自分の体を揉ませているんだろうか?

 

と思う時があります。

 

今ではいい思い出になっています。

 

おわり

 

岡崎市 交通事故治療

 

yakuza_anesan  お命頂戴します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Facebookはこちら

アメブロはこちら

TEL:0564-73-5556

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2022年10月24日

岡崎に来て9か月

岡崎に来て9か月が経ちました。

早いものです。

「郷に入れば郷に従え」で

岡崎にある色んなもの(特に食べ物関係が多いですが)を味わっています。

行きつけの居酒屋だったり、ランチによく行く中華屋だったり定食屋だったり。

今回は私がよく行く中華屋さんを紹介したいと思います。

名前は「昇龍」さんです。

248沿いにあります。安城にもあってチェーン店になっていますが

兎に角、非常にボリューミーなので気に入ってる中華屋さんの一つになっています。

写真は麻婆飯と醤油ラーメンです。800円。

当院によく来る患者さんとも話すのですが

店の大将が厨房の奥で叫んでいて何だか喧嘩しているように聞こえますが

実はそうではなく、ただの声が大きい中国人の親父のようです。

給仕をするおねえちゃんがやや不愛想で

この前はランチ閉店時ぎりぎりの午後1時50分に伺ったのですが

注文を聞きにくる際、水の入ったグラスを「ダンッ!!」とテーブルに叩きつけられるように置かれてしまい

不愛想な態度をよりエスカレートさせてしまいました。

閉店ぎりぎりに行くのはかなり危険な行為と言えます。

やめましょう。

と言っておきながら紹介するのもどうかと思われるかもしれませんが

味は美味しいので時間のある方、近くに住んで見える方は是非行ってみてください。

次回は行きつけの居酒屋さんを紹介したいと思います。

岡崎 接骨院 交通事故
20221024_111547

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Facebookはこちら

アメブロはこちら

TEL:0564-73-5556

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2022年10月08日

まさかあの食べ物が膵臓癌のリスクをあげるとは

 

 

豆腐が膵臓癌のリスクをあげているとはショックです。

健康食品だとばかり思っていたのに。

日本の代表的な食べ物でもあるし外国の人から、もっともヘルシーな食べ物だと思われていたんですけどね。

どうやら食べない人より約1.5倍ほど罹患する人が増えるそうですよ。

もちろん食べ過ぎた場合ですが。

適度な量を食べるのは健康に良いみたいです。

どんなに良い食品でもやはり食べ過ぎは良くないってことでしょうね。

キッコーマンから出てる特濃という豆乳が美味しくて、ついつい暴飲してました。

豆乳の中でもその特濃という豆乳が一番美味しかったですから。

一度興味ある人は飲んでみてください。

適量守って。

 

 

岡崎市 交通事故 接骨院

 

y-lohaco_1651295_i_20221006193039

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Facebookはこちら

アメブロはこちら

TEL:0564-73-5556

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

岡崎接骨院のおもしろい院長ブログ

岡崎市にございます岡崎接骨院では、院長がブログを配信中です。院内の出来事や治療の事、お体の事、あるいは日常のちょっとした出来事などを綴っておりますが、ご覧いただいている常連の患者様などからは、文学調で面白いとか、エッセイを読んでいるようだとの感想を頂戴しております。
単に痛みの話や交通事故治療の話を語り、岡崎接骨院にいらしてくださいというのではなく、どこか小説を読んでいるような面白さでございます。是非一度、ご覧いただき、院長の成りや人柄、考え方に触れていただければ幸いです。
接骨院での治療は直接お体に触れ、患部の症状を和らげていきます。そのため、やはり施術する人がどんな人であるのかは、患者様の関心事でございます。ブログを見て、この人なら任せられると思った方は、ぜひお気軽にご相談ください。

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ