2022年09月15日

爪折れ

カミさんが平気な顔して手を差し出すと

「これ何だろうね?」と・・・

爪を見せてきた時の事です。

よく見ると10本の内の3、4本に横線が走っているではありませんか。

「おおおぉ~」

それを見た私は思わずその場で唸ってしまいました。

過去遡ること・・・あれは・・・

私がまだ若かりし頃のホテルマッサージ下積み時代の出来事です。

それはホテルの1室つまり6畳1間のようなタコ部屋に指圧する者たちが2~3人集められ

ホテル宿泊客から連絡がくると部屋にいき、1サイクル45分単位でマッサージに行くという状況でした。

連絡がある度に同じ人ばかりが行くというのは

他の人にとって収入に繋がらないという観点からマッサージする人はちゃんと順番が決まっていたんです。

私は当時駆け出しの頃でありマッサージ連中の中でも一番若かったものですから

そのタコ部屋でお客さんからの連絡が無い時は私が先輩方の体をよくマッサージさせられたものです。

当時を振りかえってみれば、「その押さえ方はよくない」とよく先輩に叱られたものですが

マッサージの腕をあげるのにかなり役立ったと思います。

メンバーは私以外、全員女性で中年から年配者までさまざまでした。

75歳のおばあちゃんが居たのを覚えています。

ある時いつものようにタコ部屋で先輩たちをマッサージしていると

連絡が入り私が順番からすると次だったのでお客さんの部屋に行くことになりました。

すでに先輩の体を1時間はマッサージしていて疲れてはしていたんですが

ここでパスなんかして次の人に譲ったりすると何のためにここに来ているのかわからないこともあり

気持ちを再度奮い立たせてお客さんが待つ部屋へと向かったのでした。

部屋に入るとすでにお客さんは横になっていていつでもオッケーな感じだったので

そのままマッサージを開始したのでした。

45分が過ぎ一通り全身マッサージし終えたところで、

「はい。45分経ちましたのでこれで引きあげさせていただきます。」

と私が言ったところ

「兄ちゃん、上手いな。延長してくれや。」

という話しになり延長ということになったのでした。

疲れていたこともあり早く終わらせたいとは思っていたのですが

そうもいかず結局のところ、そのお客さんを延長による延長を重ね3時間45分マッサージし続けたのでした。

自分でもよくやったと思います。

最後にはきっと疲労骨折みたいな感じなっていたのでしょう。

その日には感じなかったのですが翌日親指がズキンッという鋭い痛みが走り

親指の爪が根元から折れていたのでした。

なぜそれがわかったのかというと尋常じゃない鋭い痛みがあったのと

2、3週間経った時に親指の爪が横に線が走り段差ができていたからです。

まあそういった苦しみがあって更なるマッサージの向上につながるんだと思うのですが。

翌日は激痛に耐えながらもシフトのことで休むことが出来なかったので

泣きながらホテルマッサージしていたのを覚えています。

私の場合、1本の指でも痛くて痛くてヒーヒー言っていましたが

カミさんは3、4本も・・・

改めてカミさんの底力を感じました。

ホテルマッサージ下積み時代色々なことがありました。

時間があれば書いていこうと思います。

長々と書きましたが最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

交通事故 接骨院 岡崎

 

 

massage_obaasan2

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Facebookはこちら

アメブロはこちら

TEL:0564-73-5556

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2022年09月09日

頑張れ!!!チビちゃん

 

うちのカミさんが「将来独立出来るような仕事をしたい」と言い出したのが

 

今から半年前の話になります。

 

「何がしたいの?」と私が尋ねると

 

「マッサージの仕事」と言うではありませんか。

 

突然に報告された私としては驚いたどころの騒ぎではありません。

 

心臓が止まるかと思いました。

 

その時の私の顔を表現するなら

 

目が全開になり、いつ外へ飛び出てもおかしくないくらいの勢いで

 

顎が地面に着き、はずれるかと思うほど垂れ下がって

 

口の中に林檎100個は余裕で入るくらい驚きの顔をしていたと思います。

 

「だったら接骨院で働く?」という私の問いに

 

今の自分では足手まといになるからと

 

あのぉ~ほれっ。よくあるじゃないですか。1時間2980円だか2950円でマッサージしてるところ。

 

黄色と赤の看板の・・・

 

そういったところで働きたいと我が奥方はオッシャラレタのでした。

 

かれこれ始めてもうすぐ5ヶ月が経ちます。

 

「2年間は修業期間だから」とカミさんは自分の中で目標設定しているみたいです。

 

どうせ三日坊主で終わるだろうと私はたかをくくっていましたが

 

くたくたになって帰ってくるものの

 

決して諦めることなく

 

そんでもって

 

なんかカミさんの目が最近活き活きしてるんですよね。

 

以前のカミさんの職業経歴なんて言ったら、工場のラインでしか働いたことなかったんですよ。

 

工場のラインで働いていた時もくたくたになって帰ってきましたが

 

あの時は本当に目がトロンとしていてまるで漁船によって陸上げされたマグロの目のように死んでいたと言っても過言ではありません。

 

あんな小さな体で本当にマッサージが務まるのか?

 

太ったお客さんなんか来たら、とても指が入らないだろうし

 

むしろお客さんに寝返りなんかされたらお客さんの体に巻き込まれた挙句

 

下敷きになってしまい、うちのカミさんが窒息死してしまうのではないか?と心配していたほどです。

 

そんなチビちゃんがですよ・・・

 

なんの、なんの。

 

着実にマッサージの腕をあげています。

 

とてもパワフルな指さばきを私に披露してくれます。

 

今働いているところは足つぼマッサージもメニューにあるみたいでお客さんの足裏を自分の指で強く押すみたいです。

 

道具も使わず。

 

よく見ると右手の人指し指の第2関節にタコができていて

 

カミさんがその箇所を痛がっているのをたまに見かけたりすると

 

私はあまりにも可哀そうに思ってしまい目がウルウルしてきて目頭が熱くなったりもしますが

 

それでもめげずに日夜マッサージの修行に励んで頑張っています。

 

いまではその職場で全て任されリーダー的存在になってるみたいですが。

 

これはカミさんが自分で決めた道。

 

負けずに頑張って欲しいと思います。

 

夢を持って目標を持ってるうちのカミさん。やる時はやる人間なんです。

 

風雪に耐えながらも凛としていて、実にかっこいいです。

 

これからも私が縁の下の力持ちになり応援してやろうと思います。

 

 

岡崎 交通事故 接骨院

 

 

massage_obaasan2

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Facebookはこちら

アメブロはこちら

TEL:0564-73-5556

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2022年08月30日

介護

例えば思うように食べてくれなかったとします。

なんでこれ食べてくれないんだよ?そうやって食べてくれないと終いには餓死するからな。

段々と語気が強くなってる自分にハタと気づく瞬間です。

ここまでしてるのになぜ食べてくれないんだといかにも自分を正当化して、まるで自分が悲劇の主人公あるいは被害者にでもなったような勢いで相手を責めまくっている自分が居るんです。

言ったかなり後でそれに気づいたりして後悔するんですけどね。

でもそれは仕方ないことなんですよね。どうしても食べれないんだから。

その時は、口をこじ開けさせてでもいいから食べさせようと息巻いているんですね。

半分脅しともとれる言葉が並び、怒りの念が無くもない状況なんです。

この夏の猛暑で食欲が減退しているってことでも充分考えられるのに。

その時は、そんなことを考えてる余裕などなく、食べない本人が悪いみたいな感情が埋め尽くしているんです。

でも結局、こっちのペースに合わせようとして相手に無理強いさせていることがどうかしていることなんです。

介護を生業とされてる方は、こういうことがいつもあるのではないかと思います。

頭が下がる思いです。

今一度、深呼吸でもして気持ちを落ち着けて対処すればどうってことないんでしょうけど。

まだまだ心の鍛練の足りない未熟者の介護者です。

 

岡崎 交通事故 接骨院

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Facebookはこちら

アメブロはこちら

TEL:0564-73-5556

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2022年08月28日

シャンプーすると禿げる

 

言われてみれば、ホームレスの人で禿げてる人って居ないですよね。

今までのイメージだと皮脂が毛穴を詰まらせ禿げる原因になると思っていましたが。

シャンプーに含まれる界面活性剤が皮脂を取り過ぎてしまい、頭皮に悪影響を及ぼしていたとは。

栄養が行き渡らないカラカラな状態にさせていたんですね。

なるほど。

ミョーに納得。

かと言って、髪を洗いもせず不衛生にしてる訳ではないですよ。(笑)

しっかりと洗ってます。

 

 

 

岡崎市 交通事故 接骨院

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Facebookはこちら

アメブロはこちら

TEL:0564-73-5556

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2022年08月25日

シャンプー止めます

色んな所から噂として聞いていましたが

 

なるほど。

 

納得です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Facebookはこちら

アメブロはこちら

TEL:0564-73-5556

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

岡崎接骨院のおもしろい院長ブログ

岡崎市にございます岡崎接骨院では、院長がブログを配信中です。院内の出来事や治療の事、お体の事、あるいは日常のちょっとした出来事などを綴っておりますが、ご覧いただいている常連の患者様などからは、文学調で面白いとか、エッセイを読んでいるようだとの感想を頂戴しております。
単に痛みの話や交通事故治療の話を語り、岡崎接骨院にいらしてくださいというのではなく、どこか小説を読んでいるような面白さでございます。是非一度、ご覧いただき、院長の成りや人柄、考え方に触れていただければ幸いです。
接骨院での治療は直接お体に触れ、患部の症状を和らげていきます。そのため、やはり施術する人がどんな人であるのかは、患者様の関心事でございます。ブログを見て、この人なら任せられると思った方は、ぜひお気軽にご相談ください。

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ