2019年07月31日

母と娘

「私にはもったいないくらい出来た娘だったのよ。」

 

涙ながらにそう話すのは、昨夜大切に育ててきた一人娘が旅立ってしまい

 

悲嘆にくれながらも努めて明るく振る舞おうとする母親の姿。

 

今夜一緒に過ごすことになる娘との最期の夜が

 

さらに漆黒さを増し母親の周りを静かに包みこんでいる。

 

死というものは必ず誰でもこの先訪れるものだが

 

親子の順番をひっくり返してまで

 

無念さを感じるものはない。

 

「舌癌」

 

ドクターから告知されたのはかれこれ2年前の出来ごとになる。

 

はちきれんばかりのやるせなさが

 

か弱い2人を襲ってきたが

 

それでもしっかりと明日を見つめ

 

母子ともに力を合わせてここまでやってきた。

 

娘は少しでも母の手を煩わせぬようにと

 

自分で出来ることは極力自分でやったし

 

母は母で娘の前では何があろうとも

 

明るくみせることに専念した。

 

「私の命と引き換えにこの子を救ってくださるのなら

 

私なんてどうなったってよかった。」

 

もしこれができたのならこの母親は

 

命を本当に捨てたであろう。

 

歪んだ親子関係がもつれて

 

互いに傷つけあい

 

事件にまで発展してしまった報道が世間を騒がす中

 

本当の親子の絆というものは捨て身になってでも

 

我が子を守るという強い母親の姿

 

これが真の姿なのかもしれない。

 

涙にあけくれ嫌というほど娘の前に立ちはだかった病魔に

 

何度この親子は一緒になって立ち向かってきたことか。

 

棺を一点に見つめる真っ赤に充血した彼女の瞳が

 

その歴史をうかがわせる。

 

「少しお休みになられてはいかがですか?

 

明日色々しなくてはいけないこともあるし

 

休んでおかないと自分の身体がもたなくなります。」

 

「いいの・・・それでも」

 

明日になれば荼毘にふされて

 

長年連れ添ってきた娘という輪郭さえも

 

なくなってしまうのだ。

 

そうだった・・・

 

言ってみた手前

 

2人の隙間を開けてしまっているのではないかという

 

感覚に陥り自分の愚かさに胸が締め付けられた。

 

このままそっとしておいてあげよう。

 

今夜一晩は親子水入らずにしてあげることが

 

何よりの得策であることは確かだ。

 

今さっきまで通夜式という喧騒の中に

 

いきなり喪主という極めて重要なポジションにポツンと置かれ

 

親類たちの同情に波調を合わせつつ

 

気遅れせぬようにと頑張ってきたのだから。

 

この場はこのまま

 

暗くて果てしなく長い時の中に

 

母親の気が済むまで

 

その身を任せておいたほうがいい。

 

やがてロウソクの火が消えてなくなるように

 

夜のとばりが静かに下りたのだった。

 

 

 

 

 

あれからというもの

 

かなりの月日が経ってしまっていた。

 

母親は元気で今も暮らせているだろうか?

 

ほんと運命というのはどこで何が狂い始めるのかわからない

 

彼女はこの世に対してなにをしでかし

 

業を重ねた訳でもないのに。

 

突如、神がお与えになった試練の一つ。

 

その試練が通り過ぎていってしまうような

 

軽いものだったら何の問題もない。

 

彼女の人生を狂わし

 

これによって歯車の噛み合わせが狂い始めているとしたら・・・

 

でもそうなったとしてもただジッと

 

それを受け入れて前を向いて歩いて行くしかないのだ。

 

たったひとりで。

 

南安 城一郎

 

20091105_1557045

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年07月29日

セルフネグレクト

 

床をうじが這いまわり何日かたって発見される孤独死。

 

緩やかな自殺と呼ばれる自己放任のことをセルフネグレクトと呼ぶらしい。

 

年間孤独死者数3万人、

 

驚いたことに孤立状態1000万人を数えるほどいるというのが現実。

 

約12人に一人。

 

こういった最近のジメジメした梅雨時期は孤独死が多く発生する。

 

湿度は温度以上に身体を弱らせる強敵となる。

 

昼夜を問わず今、この瞬間も特殊清掃業者は休みなく働いている。

 

とくに今年は例年以上に孤独死の件数が多いとの声が業者たちから寄せられている。

 

「セルフネグレクトに陥ってから心臓が止まるまでの時間はそう長くはないんです。

 

現役世代が抱えやすいストレスの多い社会は生きながら毎日を死に追いやってしまう。

 

僕は亡くなった人の部屋を片付ける以上、どんな人で

 

何が原因で孤独死に陥ったかを知っておきたいんです。

 

メッセージとして伝えておきたいから。」

 

と話すのは日本遺品整理協会理事、上東丙唆祥さん。

 

この日も孤独死現場に足を踏み入れようとしていた。

 

6畳ほどのワンルーム。

 

この部屋で亡くなったのは50代後半の山田聡さん(仮名)

 

死後1ヶ月が経過していた。発見したのは管理人で死因は衰弱死。

 

玄関には杖がポツンと掛けられてドアを開けると

 

ユニットバスは黄色い尿入りのペットボトルで埋め尽くされていた。

 

ツンとした臭いが鼻につく。

 

空っぽのシャンプーやリンスが放置され小さなキッチンには電気コンロがあり

 

冷蔵庫は空っぽだった。

 

ベッドはなく読まれていない新聞紙で部屋中は埋め尽くされている。

 

簡易式の洋服掛けには警備会社の制服や制帽が掛けられていた。

 

仕事は警備員だったらしい。

 

入り口近くにまで体液が広がり凄まじい異臭を放つ。

 

山田さんはゴミに埋もれながら死を迎えたのは明らかだった。

 

特殊清掃人は体液のたっぷりと沁み込んだ紙ごみをビニール袋に詰めて行く。

 

その下には大量のうじがうごめいていた。

 

地方に住む両親からは手紙や野菜、米などが定期的に送られてきていたが

 

そのままの状態で放置されていた。

 

食生活はほとんど外食で炊飯器は何年も使用した形跡はなかった。

 

新聞もほとんど読まれた形跡はない。

 

きっと心優しい性格で営業を断り切れずに取り始めていたのだろう。

 

その新聞は仕事の激務に追われてゴミ出しすることもなく

 

次第に命を脅かすほどの体積に膨れ上がっていったのだ。

 

布団は万年床でぺしゃんこになっていたが

 

なぜか二つ折りで折りたたまれたまま何年も使用されていない。

 

入り口に杖があった点からみて右か左半身に障害があったのでは。

 

だからゴミの山に寄りかかりながら寝ていたことを推測する。

 

半身を悪くしていれば床に敷いた布団に寝て

 

再度立ち上がることは

 

かなりの力を要するため困難であることは明らかだ。

 

だからどんなに寝心地が悪かろうが

 

傾斜のあるゴミの山に身体を横たえて寝るしかなかったのだ。

 

長年、警備員として働いた山田さんの身に異変が起こったのは

 

ここ数年のことだろう。

 

右足を負傷してから杖を使うようになる。

 

杖無くしては立てなくなり仕事も辞めざる得なくなり

 

徐々に家に引きこもるようになっていく。

 

足は日に日に悪くなり自分の身体を呪う生活が続いたに違いない。

 

そしてセルフネグレクトになっていく。

 

トイレに行くのも辛くなりペットボトルに尿をためるようになっていた。

 

次第に生きる気力はなくなり無気力になっていく。

 

心身は衰弱し、食べる気力もなくなって自暴自棄になっていく。

 

桜の咲く公園が近くにあり、きっと花見客で賑わう笑い声がこの部屋にも届いていたはず。

 

それを聞きながら何を思ったのだろう。

 

部屋は薄暗く、寒さも上に羽織る新聞紙だけではこたえたはず。

 

電気代の請求はわずかだったため暖房もつけずに

 

毎日をしのいでいたことがうかがえる。

 

冬は凍えるような寒さがじわじわと体力を奪っていったに違いない。

 

そして最期、ひっそりとゴミの中で息絶えてしまった。

 

孤独死の現場から見えるのは、社会から一度孤立すると

 

誰にも助けを求められずに崩れ落ち

 

命を落してしまう現役世代たちの最期の姿だ。

東洋経済から引用

19f7fee943ca97f2d43db87d64b739b2

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年07月28日

今、世界水泳やってますけど・・・

 

韓国でいま世界水泳やってますよね。

 

時間を見つけて見てます。

 

瀬戸大也が金メダル一つとりましたけど・・・

 

あと銀2つと銅一つですか。

 

女子は全滅。

 

う~ん。

 

以前にもブログで書きましたが

 

萩野公介が自転車でこけて

 

肘を骨折なんかしなかったら・・・

 

池江が出ていたら・・・

 

とついつい考えてしまいます。

 

こればっかりは仕方ないことでした。

 

治療に専念して早く元気な姿を見せてほしいと思います。

 

萩野は一時休止するも

 

復帰宣言して

 

それから出てきてないってことは

 

やはり自分の思ったような記録が出てないんでしょうね。

 

怪我する前の彼は

 

「日本のマイケルフェルプス」とまで言われたのに・・・

 

マイケルフェルプスと言えば

 

オリンピックメダル獲得数史上1位の記録を

 

打ち立てた「水の怪物」と称された人物。

 

彼もそれに近い存在とまで言われてたのに。

 

なんで自転車でこけるかなぁ~

 

悔やんでも仕方ないですけど。

 

本人はもっと悔しいでしょうから。

 

なんでここまでこだわるのかというと

 

私も昔は水泳やってましたし

 

同じように肘に欠陥をもってますので

 

痛いほど彼の気持ちは分かるんです。

 

橈骨近位端 タイプ3の粉砕骨折

 

2回か3回骨片を取り除く手術をしたみたいですが

 

競泳というのは実に繊細で

 

力だけではないテクニックが大きく関与するスポーツですから。

 

肘の影響で上腕の角度が少し変わっただけで

 

水かきの進行方向が変わり推進力が極端に落ちますから。

 

そういった微妙な変化が大きな致命傷に繋がりかねないと思います。

 

でもそんなことには負けないでほしいと思います。

 

1e7977c6059969d22456773608b1ff4f

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年07月26日

第66回安城七夕祭りお越し下さい。

急に暑くなってきました。

 

でもこの暑さもいっときで

 

また日本の南にある北上中の熱帯低気圧が近づいてきて

 

今週末にまたグズついた天気になるみたいですが・・・

 

どうなるんでしょうね。

 

安城七夕祭りのある8月2日3日4日は。

 

私がここに来て

 

今のところ

 

安城七夕祭りに雨だったというようなことはなかったですが。

 

晴れ男である神通力はどこまで通じるかってところです。

 

ほんとお読みいただいている方には

 

驚くくらい真剣に読んでくれてることに驚いています。

 

「今年は本当だったら

 

そこに龍のハリボテをやろうとしてたんだね。

 

風に吹かれてユラユラとさせる感じで。」

 

と言われてしまいました。

 

バックナンバーをお読み頂ければわかりますが。

 

こんな私にも大切な患者兼愛読者がいて大変嬉しく思っています。

 

私自身、こうしてブログ書くことを

 

とても楽しんでいますし

 

日記ではなくて

 

言うなれば落書きをすると等しい気持ちで書いています。

 

そんな感じで書いていますので

 

力まず読んで頂ければ

 

これほど嬉しく思わない気持ちはないです。

 

あれっ?なんかおかしな表現だな。まぁいいか。(笑)

 

こんな感じで適当にいつも書いていますので。

 

改まりましたが

 

どうぞこれからも宜しくお願いします。

 

7692

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年07月25日

今回の吉本の報道で・・・

いつの間にかパワハラ発言が問題視されて

 

「ギャラを貰ってない」と言った嘘が

 

影の薄いものになってしまいました。

 

今は吉本の経営陣の悪さが指摘されてますが。

 

もとはというと・・・

 

なんか後味の悪さを感じます。

 

yjimage

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院・接骨院のおもしろい院長ブログ

安城市にございます南安城整骨院では、院長がブログを配信中です。院内の出来事や治療の事、お体の事、あるいは日常のちょっとした出来事などを綴っておりますが、ご覧いただいている常連の患者様などからは、文学調で面白いとか、エッセイを読んでいるようだとの感想を頂戴しております。
単に痛みの話や交通事故治療の話を語り、南安城整骨院・接骨院にいらしてくださいというのではなく、どこか小説を読んでいるような面白さでございます。是非一度、ご覧いただき、院長の成りや人柄、考え方に触れていただければ幸いです。
整骨院・接骨院での治療は直接お体に触れ、患部の症状を和らげていきます。そのため、やはり施術する人がどんな人であるのかは、患者様の関心事でございます。ブログを見て、この人なら任せられると思った方は、ぜひお気軽にご相談ください。

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ