2015年10月15日

お財布おろしました

どうして「買いました」ではなく「おろしました」になるのでしょう。

 

それは、お盆、お彼岸、仏滅には、新しいものを使いたくなくて、7月頃買ったお財布を、今日「おろす」からです。

 

子供の頃、大晦日、枕元に新しい服を置いて、元日にそれを着る…

 

今日は、お友達とランチするし、大安だし、お天気もいいし…

 

最高の「お日柄」なんです。
気持ちの問題ですが(^_^ゞ

 

先日「マッチ棒みたい」と例えたら「昭和の人間だなぁ」とダンナに言われてしまいました。

 

マッチ使ったし、六曜を気にする、バリバリ昭和の人間です(*`Д´)ノ!!!

 

 

それはそうと、院長、昭和の人間に「誉め殺し」は通用しませんよ( ̄▽ ̄;)

 

割り切れる数にすれば良かったかしら?

 

でも、院長にお渡ししたのですから、ご自由にどうぞ(^_^)/

 

 

 

水・土曜日のK

 

 

 

2015年10月15日

なんて美味しいんだ

昨日、(水曜日、土曜日のKさん)が栗の渋皮煮の沢山入った手作りのパウンドケーキを整骨院に持ってきてくれた。

 

ところがだ。

 

問題なことに5切れ持ってきてくれたのだ。

 

院長である自分が食べて、あとはスタッフ2人が一切れずつ食べてしまうと、2切れ余ってしまうではないか。

 

残りは、スタッフ2人が一切れずつ食べるってこと?

 

いやそれはいかん。

 

そんな不公平は……

 

こんな美味しいものを、自分が一切れだけに終わらせてしまったら一生後悔するだろう。

 

言っていることが大変セコイが、正直、だいぶブログに書く素材が無くなってきているのである。(笑)

 

それに食べ物の怨みは怖いのである。

 

仕事中、そんなことを考えながら仕事をしている院長であった。(笑)

 

一口食べた時のそのクセになる味といったら……

 

渋味の中にも独特な香りがあって、この味を知ってしまうと他のケーキなんぞ食えたもんじゃない。

 

渋皮のうまみがしっかり染み込んでいて、えも言われぬその美味しさにホッペタが何度落ちたことか…

 

まぁそんな訳で、残りの2切れは、自分で言うのもなんだが彦摩呂よりはるかに上手い表現方法のピカイチだったわたくしが、いただくということで……(笑)

 

その方が食材も喜んでいるってもんよ。ガハハ

 

こういう時なんだろうな。

 

女性の魅力に男性が惹き付けられるのは。

 

やっぱ男は料理で釣られるでしょ。(笑)

 

一口食べた時、あまりの美味しさに目がハートマークになってしまい、まるでどんな洗脳でもさせられてもいいように、あらゆる命令をきいて、どんなことを言われてもいいなりになりそうな自分がいて怖かった。(笑)

 

たとえば…

 

あべのハルカスでもスカイツリーでもいいから、全裸で登り展望デッキで3回まわって(ワン)となけと言われたら、やっていたかもしれない。

 

まぁそれはパウンドケーキを食べた直後ならしていたかもしれないが、1日経ってしまった今となっては、遅すぎるので、あしからず。(笑)

 

 

 

 

 

 

2015年10月14日

甘くなりすぎたかな

家族の出勤が早くなり、時間に余裕ができるようになりました。

 

久し振りに、ケーキを焼いてみることにしました。
栗の渋皮煮がたくさん入った、パウンドケーキです。

 

午後、持って行きますので、試食してみてください。

 

もちろん、なかさんと辻さんもね!

 

ちなみに私は、タチウオの塩焼きが魚料理の中で一番好きです。
それと、年甲斐もなく山Pのファンです(^_^ゞ

 

あっ、下駄箱用の小銭は、いつも用意してありますよ!Σ( ̄□ ̄;)

 

 

 

水・土曜日のK

 

 

 

2015年10月14日

石原さとみの英語力!

こんにちわ。辻です

 

 

昨日は溜まっていた録画を一気に消化\(^o^)/

 

そして、毎週の楽しみができてしまいました。

 

月9『5時から9時まで私に恋したお坊さん』
石原さとみと山下智久の番組です。

 

元々、石原さとみは大好きなんですが
今回の役柄でもっと好きになりました。
その役柄というのは英語教師の役です

 

なんと!あんなに可愛いのに英語も!
素敵すぎる。と思いませんか?

 

 

最近、私も英語を習得しようと
悩んでいましたが決意しました。
少しばかり英語勉強しようと思います。

 

 

 

そういえば、なかさんがお返事を
blogにUPしてくれていました。
ありがとうございます。職場は同じですが
時間帯が違うので殆ど会うことがないので
嬉しかったです。いつもの会話は置き手紙。笑
これからの、会話はblogの中になるかもですね♪笑

 

 

 

 

では、また!

 

 

 

 

 

2015年10月14日

安城コロナ

こんにちわ。なかさんから紹介頂いた人相の悪い院長の稲熊です。(笑)

 

皆さん、昨日の番組でやっていた関ジヤニのありえへん見ました?

 

そこで気に入ったコーナーありました?

 

私としては、常識のコーナーが面白かったと思う。

 

例えば、

 

スーパーで売られているウインナーは、なぜ2袋の状態で売られているのか?

 

答えは、鮮度を保つため。

 

1袋に食事で使う1回分のウインナーが入れてある。

 

1袋に大量のウインナーが入っていると、封を開けた時に一回で使わなかった残りのウインナーの鮮度が落ちていくため、わざと生産段階で2袋に分けテープでまとめてあるらしい。

 

ドライヤーには、なぜ冷風があるのか?

 

答えは、髪を洗い終わった後、温風で乾かし、冷風で乾かすと、髪に艶が出るため。

 

そのため、冷風の機能があるらしい。

 

勉強になる。

 

 

コインロッカーを使う時に必要になる100円は、使った後、戻ってくるのに、なんでわざわざ100円要るのか?

 

答えは、使用者にロッカーを幾つも使わせないため。

 

客の中には他の人のことを考えず、幾つもコインロッカーを占領して使う人がいたため、100円をわざわざ投入して使わせて、複数使用を出来なくしたらしい。

 

なるほど。頭いい。

 

ん?ちょっと待てよ……

 

私は、ある所で下駄箱にも、100円が必要になる所を知っている。

 

それだと、おかしいではないか?

 

靴を何足も履いてくる訳ではないし。

 

絶対一人の人間が幾つも占領しないはず。

 

タコではない限り。

 

ロッカーなら納得するが、下駄箱だけは納得出来ない。

 

絶対おかしい。

 

あれって面倒なんだよなぁ~いちいち財布から100円取り出さないといけないし、財布に100円ないと、わざわざ両替しにいかないといけないし。

 

まったく……必要のない下駄箱にまで100円を入れさせるのは、やめてくれよ。

 

何処とは言わないけど大変困るんだよ……

 

えっ?何処かわかるって?

 

なんでバレたんだろ?………

 

 

 

 

 

 

 

南安城整骨院・接骨院のおもしろい院長ブログ

安城市にございます南安城整骨院では、院長がブログを配信中です。院内の出来事や治療の事、お体の事、あるいは日常のちょっとした出来事などを綴っておりますが、ご覧いただいている常連の患者様などからは、文学調で面白いとか、エッセイを読んでいるようだとの感想を頂戴しております。
単に痛みの話や交通事故治療の話を語り、南安城整骨院・接骨院にいらしてくださいというのではなく、どこか小説を読んでいるような面白さでございます。是非一度、ご覧いただき、院長の成りや人柄、考え方に触れていただければ幸いです。
整骨院・接骨院での治療は直接お体に触れ、患部の症状を和らげていきます。そのため、やはり施術する人がどんな人であるのかは、患者様の関心事でございます。ブログを見て、この人なら任せられると思った方は、ぜひお気軽にご相談ください。

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ