2019年10月21日

葬儀人 後田 逸郎(うしろだ いつろう)

 

朝からうるさいほどにパソコンのキーボードを叩いている一人の男。

 

夜も明けきらないうちに本社から電話で呼び起こされ

 

いらだちを隠しきれないのか

 

キ―を押す指が少々指圧強めで乱暴に

 

操作しているのがわかる。

 

「おい。熊田。火葬場行きのバスは用意してあるのか?」

 

「してあります。昨夜のうちにFAXして電話しておきました。」

 

「供花は?」

 

「それは受注の稲垣がすでに発注してると思いますが。」

 

デスクに無造作に立て差しになっているバインダーを手にとり

 

熊田が言っていることは本当のことなのか目を通す。

 

別に疑っているわけではないが。

 

供花発注済み。どうやらお花は問題ないようだ。

 

またパソコン画面に戻り

 

自分の今までしていた仕事を一旦打ち切り

 

今日ある故人様の通夜確認のため

 

別の画面に切り替える。

 

全ての斎場の時系列に並んだ通夜・葬儀一覧表が

 

画面に写しだされる。

 

故人様のお名前、勤めていた会社、喪主、葬儀レベル、棺桶の材質・模様

 

通夜時間、出棺時間、法要

 

ありとあらゆる情報がそこにはある。

 

注意深く自分が担当していく故人様に

 

カーソルをあわせる。

 

すばやく描写される特の文字。

 

「おい。熊田。司会は頼んであるんだろうな?」

 

「あれ?特がついてました?まだ頼んでないです。」

 

「バッカヤロー。何してんだ。」

 

「す、すみません。」

 

「どうすんだよ。司会とれなかったら。

 

口すっぱくしてお前に前から言っておいたよな?特がついたら司会をつけろって。」

 

「はい。」

 

「はいじゃねえよ。なに真面目に返事してんだ。

 

このうすのろ。ボォーッとつっ立ってないで早く連絡しろ。」

 

あわてて熊田が用紙を手にとり何やら書き始める。

 

「おい。おい。ちょっと待て。お前。今、何してんだ。」

 

「いえ。FAX流そうかと。」

 

「馬鹿か。お前は。そんな時間あると思うのか。

 

そんなことしてたら日がくれちまうだろ。

 

今日、通夜があるんだぞ。

 

電話で今すぐ先方にかけるんだよ。そんなこともわからねえのか。」

 

ポンポンポンと次から次へと叱責の声が飛んでくる。

 

「もしもし、こちら雲竜殿の熊田と申します。

 

お世話になります。

 

いきなり今日のことで申しわけありませんが

 

司会の手配をできないかと思いまして・・・

 

はい。あ、そうですか。はぁ~。やっぱり。そうなんですね。」

 

熊田の声のトーンがワンランク下がる。

 

「わかりました。どうもすみませんでした。」

 

「どうだった?」

 

「それがですね。司会の者全員が今日は出払っているみたいで。

 

こちらまで回すのは無理かというお話しでございまして。」

 

「ほら。言ったこっちゃない。早くしないからこういうことが起こるんだ。」

 

「すみません。どうしましょう。どうしても人がいないのなら

 

私の責任でもありますし差支えなければ私が司会をしてもいいのですが。」

 

「おい。おい。お前自分の言ってることがよくわかってんのか。

 

呆れるほど馬鹿だな。お前は。いいかよく聞け。司会ありなしで7・80万円もの葬儀費用が動くんだぞ。

 

お前のそのつたない司会で親族様達を満足出来ると思っているのか?」

 

「・・・」

 

「おい、どうなんだ?7・80万円払っただけのことはあると親族様達を言わせるだけのことができるのか?

 

と言ってんだ。そこまでお前は弁がたつのか。え~っ?」

 

「す、すみません。」

 

「じゃぁなんだ。7・80万円もの金を僕に下さいと言っているのか?」

 

「いや、そんなつもりでは。」

 

「いいか。親族様としては今まで故人に大切にされたことの恩返しで

 

最期のこの時を誰よりも大事にしたいと考えている。

 

精一杯送ってあげたいという親族様の気持ちが

 

このような形で突き動かしているんだということをお前はなにも感じないのか。」

 

 

つづく。また気が向いた時にこの続編を書きます。(笑)

 

 

Illust3_1

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院・接骨院のおもしろい院長ブログ

安城市にございます南安城整骨院では、院長がブログを配信中です。院内の出来事や治療の事、お体の事、あるいは日常のちょっとした出来事などを綴っておりますが、ご覧いただいている常連の患者様などからは、文学調で面白いとか、エッセイを読んでいるようだとの感想を頂戴しております。
単に痛みの話や交通事故治療の話を語り、南安城整骨院・接骨院にいらしてくださいというのではなく、どこか小説を読んでいるような面白さでございます。是非一度、ご覧いただき、院長の成りや人柄、考え方に触れていただければ幸いです。
整骨院・接骨院での治療は直接お体に触れ、患部の症状を和らげていきます。そのため、やはり施術する人がどんな人であるのかは、患者様の関心事でございます。ブログを見て、この人なら任せられると思った方は、ぜひお気軽にご相談ください。

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ