2020年01月13日

友へ

 

時々思い出すことがある。

かなり昔になるが大学受験を控えている年の元旦前日の大晦日。

「くま、俺んち来いよ。一緒に年越ししようぜ」

と言うので自分も一緒になって泊まった時のことを。

あの当時は楽しかった。

紅白見て年越し蕎麦食って。

年越したら、近くにある神社行って。

親父さんとおふくろさん。そしてお前と俺。全部で4人。

神社まで寒い思いしながら歩いたっけ。

到着するなり驚いた。

ジャラジャラジャラジャラジャラジャラ。

ものすごい数の賽銭が今にも賽銭箱が壊れるんじゃないか

と思うくらいヤバい音を出しながら五円玉が踊るように投入されていく。

何千枚?いや何万枚?

誰がやっているのかと思いきや親父さんだった。

いくつも小分けにしてある袋を抱えきれないほど持ち

そこには数えきれないほどの五円玉が入れてあって

惜しげもなく投げ込まれていく様子を俺は横で見てたっけ。

お前は、親父さんのそんな姿を見て恥ずかしそうにしてたよな。

周りにいた人々は賽銭が投入されるゴウ音ともとれる騒音に驚いて

「誰だ。あんなに入れる人は・・・」

と言いながら笑ってる人もいた。

子を思う親の強い気持ち。

あの時、俺は初めて他の家族の親子愛というものを垣間見た気がした。

来る日も来る日も生活の中でおつりとして5円玉が出来るたび

今日のこの日のために必死になって貯めていたんだなと思ったら

涙腺が緩み暗闇の中、誰にも気付かれず泣けたっけ。

気持ちがほっこりしてその時だけ寒さが緩んでいくのがわかった。

あの時の親父さん、俺にとっては誰よりも最高にカッコ良かった。

その背中がやけに輝いて見えた。

俺もあんな風になりたいと憧れていた。

あれから何年か経ち

親父さんの葬式でのこと

荼毘にふされるという時に俺が隣りで泣いてるのに気付くと

「なんでお前が泣いてんだ?」って言ってたよな?

あの時、嗚咽をもらし、とても理由を話せる状態ではなかったけど

今だから話すと

五円玉を入れてた親父さんの記憶が蘇ってきたというのが本当の理由だった。

そこまでお前は大切にされてたんだよ。

口下手で大人しい親父さんだったけど

とても芯の強い人で

息子のためにはとにかく一生懸命になる心の優しい人だった。

あれから一向にお前は俺のもとに連絡くれないが

そんな優しい親に期待されて育てられたんだから

簡単に俺の知らないうちにあの世に行ってるなんてなしだぜ。

もう駄目だなんて弱音吐いたら親父さんが天国で悲しむ。

どっか外国の高い山かなんかに長い年月かけてお前は登っているんだよな。

おれはそう思っているから。

例えばエベレストみたいな高い山に登っているので

きっと俺がメールしても音信不通になってるだけだと思ってる。

忙しくてとても俺なんかにメールなんかしてる暇などないと・・・

俺はお前が病気なんかに負けて簡単に死ぬような奴だとは思ってないから。

きっと今は山男になってると・・・

格別だろうな。エベレストの頂上から見る眺めは。

そして帰国した時に「どうしてエベレストに登ったんですか?」と取材でもされたら

かつてジョージ・マロリーが言ったみたいにこう応えるんだよな。

「Because it’s there. そこに山があるから。」と・・・

さすが。親父さんの血が流れているだけあってお前もメチャクチャカッコいいよ。

世界で一番高い所から見る青空は天国にいる親父さんを一番近くに感じ取れる場所でもある。

(これは俺の名言 (笑))

生きてる間、親孝行出来なかった分、

天空から見てる親父さんを身近に感じ取ってこいよ。

そしてみやげ話しをたんまり持って帰って俺に話してくれ。

俺は待ってるから。

publicdomainq-0001001kqjdrj

いつか会えるだろう

一緒に見たいくつもの夢に

君のつらそうな目を見たら

手を差し伸べよう

いつか会えるだろう

夢中で追いかけたすべてのものに

でも今の僕には何もできない

だから友よ

今は

さよなら

いつか会えるだろう

一緒に見たいくつもの夢に

君のつらそうな目を見たら

手を差し伸べよう

いつか会えるだろう

夢中で追いかけたすべてのものに

でも今の僕には何もできない

だから友よ

今は

さよなら

 

ともに過ごした懐かしい日々が

 

今悲しい思い出に変わろうとしている

 

ともに過ごした時間はもう2度と戻らないのだろうか

 

いつか会えるだろう

 

一緒に見たいくつもの夢に

 

君のつらそうな目を見たら

 

手を差し伸べよう

 

韓国映画 チング(友へ)のエンディングテーマより引用

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年12月23日

Various Christmas.

 

 

 

ひとりぼっちのクリスマス・イブ 後篇

 

 

 

Dear…again

 

 

christmas

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年12月20日

友達でいること   それでも親友といえるのか?

 

ひとつふたつではなく今やこの世は

 

多数のさまざまな通信手段であふれている。

 

電話、手紙から始まり今はSNSといったもの

 

Line  Facebook  ツィッター アメブロ

 

ミクシィ インスタグラムなど

 

ひとつだけでも相手と繋がっていれば

 

何か問題があった時にことは足りるし

 

あとは無くたって別に困ることはない・・・

 

と過信していた。

 

「うかつだった。」

 

たとえば電話。

 

電話をかける相手が今忙しくしているかも・・・

 

と思うと気が引ける。

 

そこでメールを一旦相手に送っておいて

 

暇な時に見てくれればいいと思う気遣いから

 

電話を使う頻度がめっきり減ってきて声さえも聞かなくなる機会が多くなる。

 

手紙または年賀状。

 

いやいや実に古風で古くさいし

 

これまた違う手段を使おうとするとメールで用事が足りるから

 

メールのみの方法で済ましておこうと考えてしまう。

 

 

そうなると

 

わざわざ住所へ訪問するといったあてがないので

 

知らなくたって別にいい・・・ということになり

 

緊急を要するような必要に迫られた時より少し前に

 

聞けば問題ないし

 

別に知らなくたってどうってことないと思ってしまい

 

相手から聞いておくタイミングを逃してしまう。

 

この間に相手が引っ越しでもして住所が変わっていれば

 

結局、最後に通信手段でという形でとっておいたメールでしか

 

連絡のつけようがない。

 

全ては文明の力ともいえるSNSでなんでも処理しようと試みるようになる。

 

そうすることが手っとり早いし安価で済むし時代の流れに乗っていける気がするから。

 

実はこれが後になって後悔する原因になる。

 

極端な話。自分と相手との唯一の繋がりが

 

1回線しかないメールのみだったとすればどうなるだろう。

 

住所、電話番号といった他の連絡先も聞こうとすれば

 

1回のメールで尋ねればいいのだが

 

いつでもそんなことできる・・・時間はたっぷりあるのだし。

 

後ですればいい・・・と思うので

 

切羽詰まってからでないとしない隙を作ってしまう。

 

つい最近、年賀状のCMを見るが

 

嵐を使って

 

年賀状の重要性を謳(うた)っている。

 

それだけ今の世の中は年賀状を書くということ自体が薄れかけている表れなのかも。

 

たった1本のSNS・・・これがもし自分と相手しか知らない通信手段で

 

まわりにいる奥さんとか親が知らなかったとしたら・・・?

 

たとえそれがあまり気にされていない連絡手段だったとしても

 

自分にとっては相手との連絡を取るための

 

極めて重要な繋がりになっている唯一の通信手段なのだ。

 

なにしろそれ1本以外に連絡できる方法といったものがないのだから。

 

昔からの親友で奴が安城にいた頃はよく会っていたのだが

 

この安城の地から神戸へと引っ越して行った時点から

 

あまり連絡もしなくなり

 

当初は年1回の年賀状はちゃんと出してはいて連絡し合っていたのだが

 

それもSNSを使っての手段へとだんだん変化していって

 

新年を迎える度に

 

「あけおめ ことよろ」といった簡単なメールで締めくくるようになっていた。

 

住所もよく変わるものだからあえて変わる度に書いておくということはせず

 

Facebookに友達登録しておけばなんとかなるだろうと思っていた。

 

奴はFacebookに頻繁に近況を報告していたし、

 

もともと何かに挑戦するといったことが好きな奴だったので

 

私も気にかけて奴のFacebookを見る様にはしていて元気なことを確認していた。

 

ところが最近になってFacebookの更新履歴がパッタリと途絶えている。

 

約4ヶ月間全く更新されていない。4ヶ月も奴が更新しないなんて絶対ありえない。

 

気になって何度もメッセージを送ってはいるが返信が一向にない。

 

最後に交わしたメールの内容によると体調があまり良くなく

 

「主治医からフィフティーフィフティーだと言われた。」と書かれてあったのが最後だった。

 

(またまた冗談言って)というくらいにしか私は当時考えていなかった。

 

何のことだかピンと来ず「からだに気をつけろよ。」

 

と私が返信したのが最後だった。

 

Facebookの最後あたりの奴の近況報告を見ると

 

「もう駄目だと思った。」とか「死ぬと思った。」

 

といった元気のない弱い言葉が列記してあるのが目につく。

 

「まさか。そんなこと・・・」

 

そこでようやく気がついて我に返ったというのが本当のところである。

 

体は頑丈な奴だとばかり思っていたので

 

意外だったこの言葉がその時は何も思わなくても

 

今となっては初めて自分の中で大きくなってきていて

 

自分の心にグサグサ突き刺さっている。

 

全ては奴に対する自分の関心のなさが原因だった・・・

 

時間を戻せるならその頃に戻してほしい。

 

軽く考えず奴からの叫びを真剣になって受け止めてやるんだった。

 

連絡がつかなくなる前に住所なり電話番号なり聞いておくべきことを

 

私はいつまで経っても気楽にしていて焦りなど全然しなかった。

 

深刻に受け止めず右から左へ受け流していた。

 

もう一人の自分が今の自分にするどい目つきで睨みながら攻め立てる。

 

「それでも親友のつもりでいたのか?本当に奴のことを心配してやったことあるのか?」

 

「ごめん。」今の私にはこれしか言えない。

 

もし今でも病院に入院しているのなら

 

神戸まで飛んで行って元気づけてやりたいのだが

 

連絡がつかない以上、どこの病院かもわからない。

 

後悔先に立たず。

 

頼むから元気でいてくれ。

 

奴が病室の窓から遠く神戸の街並みを

 

今でも眺めている状況になっていることを望んでいる。

 

もしこれが・・・いやそんなこと考えたくない。

 

自分だけが過敏になり心配し過ぎている状況であってほしい。

 

それならそれでいい。自分だけが先走っていて馬鹿げたことであってほしい。

 

「くま、なに心配してるんだ。俺は元気だよ。大丈夫だ。気にするな。」

 

といった返信がそのうち来ることを願っている。

 

いつまでも更新されていない奴のFacebookを見るたび

 

心が痛むし胸が締め付けられるほどの辛さが襲ってくる。

 

034-words-free

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年12月04日

素敵なクリスマスが訪れますように。

 

 

ひとりぼっちのクリスマスイブ 前篇

 

 

 

 

ひとりぼっちのクリスマスイブ 後篇

 

 

 

 
christmas

2019年10月25日

健康診断

 

今日は年2回ある会社の健康診断で

 

名古屋に行ってました。

 

午前中は健康診断で

 

午後からは夕方までに安城に帰ってきて

 

整骨院の方を開けないといけなかったので

 

少しの時間、名古屋にいて

 

千種区の時にお世話になった方に

 

会っておこうと思い

 

その日の午後の計画に入れていました。

 

以前ブログでも紹介したように

 

気になっていたのは

 

いつも整骨院に来てくれていたうどん屋のおかみさん。

 

彼女に会うのは、2年ぶり?です。

 

半年前の健診でうどん屋に行く機会はあったのですが

 

おかみさんは白血病で抗ガン剤治療されていることもあり

 

かなり大変な思いをされているに違いないと思い

 

私の方がうどん屋に行く勇気がなかったというのが本当の所です。

 

今日も実を言うとかなり行くかどうか迷ったのですが

 

勇気を振り絞って行ってみました。

 

うどん屋の玄関先でザーザー降りの雨の中、

 

何かものすごく嫌な予感がしたのですが

 

いざ中に入ってみると・・・

 

ピンピンとても元気な姿で働いているおかみさんの姿が。

 

「あれっ?おかみさん、病気いいの?」

 

「ん?あっ病気ね。もう治っちゃった。」

 

さすが・・・

 

おかみさんの根っからの強さにびっくりです。

 

病は気からと言いますが

 

おかみさんには、人が落ち込むような病気なんて

 

無縁なんでしょうね。

 

ガンガン働いていたので心配していたことも全て消し去り

 

出されたうどんの美味しかったこと。美味しかったこと。

 

安城に帰ってきたらおかみさんの元気を象徴するように

 

みごとに晴れ渡り綺麗な虹が出てました。

 

「さあ頑張るぞ。」

 

自分も元気をもらった一日でした。

 

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院・接骨院のおもしろい院長ブログ

安城市にございます南安城整骨院では、院長がブログを配信中です。院内の出来事や治療の事、お体の事、あるいは日常のちょっとした出来事などを綴っておりますが、ご覧いただいている常連の患者様などからは、文学調で面白いとか、エッセイを読んでいるようだとの感想を頂戴しております。
単に痛みの話や交通事故治療の話を語り、南安城整骨院・接骨院にいらしてくださいというのではなく、どこか小説を読んでいるような面白さでございます。是非一度、ご覧いただき、院長の成りや人柄、考え方に触れていただければ幸いです。
整骨院・接骨院での治療は直接お体に触れ、患部の症状を和らげていきます。そのため、やはり施術する人がどんな人であるのかは、患者様の関心事でございます。ブログを見て、この人なら任せられると思った方は、ぜひお気軽にご相談ください。

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ