2022年09月15日

爪折れ

カミさんが平気な顔して手を差し出すと

「これ何だろうね?」と・・・

爪を見せてきた時の事です。

よく見ると10本の内の3、4本に横線が走っているではありませんか。

「おおおぉ~」

それを見た私は思わずその場で唸ってしまいました。

過去遡ること・・・あれは・・・

私がまだ若かりし頃のホテルマッサージ下積み時代の出来事です。

それはホテルの1室つまり6畳1間のようなタコ部屋に指圧する者たちが2~3人集められ

ホテル宿泊客から連絡がくると部屋にいき、1サイクル45分単位でマッサージに行くという状況でした。

連絡がある度に同じ人ばかりが行くというのは

他の人にとって収入に繋がらないという観点からマッサージする人はちゃんと順番が決まっていたんです。

私は当時駆け出しの頃でありマッサージ連中の中でも一番若かったものですから

そのタコ部屋でお客さんからの連絡が無い時は私が先輩方の体をよくマッサージさせられたものです。

当時を振りかえってみれば、「その押さえ方はよくない」とよく先輩に叱られたものですが

マッサージの腕をあげるのにかなり役立ったと思います。

メンバーは私以外、全員女性で中年から年配者までさまざまでした。

75歳のおばあちゃんが居たのを覚えています。

ある時いつものようにタコ部屋で先輩たちをマッサージしていると

連絡が入り私が順番からすると次だったのでお客さんの部屋に行くことになりました。

すでに先輩の体を1時間はマッサージしていて疲れてはしていたんですが

ここでパスなんかして次の人に譲ったりすると何のためにここに来ているのかわからないこともあり

気持ちを再度奮い立たせてお客さんが待つ部屋へと向かったのでした。

部屋に入るとすでにお客さんは横になっていていつでもオッケーな感じだったので

そのままマッサージを開始したのでした。

45分が過ぎ一通り全身マッサージし終えたところで、

「はい。45分経ちましたのでこれで引きあげさせていただきます。」

と私が言ったところ

「兄ちゃん、上手いな。延長してくれや。」

という話しになり延長ということになったのでした。

疲れていたこともあり早く終わらせたいとは思っていたのですが

そうもいかず結局のところ、そのお客さんを延長による延長を重ね3時間45分マッサージし続けたのでした。

自分でもよくやったと思います。

最後にはきっと疲労骨折みたいな感じなっていたのでしょう。

その日には感じなかったのですが翌日親指がズキンッという鋭い痛みが走り

親指の爪が根元から折れていたのでした。

なぜそれがわかったのかというと尋常じゃない鋭い痛みがあったのと

2、3週間経った時に親指の爪が横に線が走り段差ができていたからです。

まあそういった苦しみがあって更なるマッサージの向上につながるんだと思うのですが。

翌日は激痛に耐えながらもシフトのことで休むことが出来なかったので

泣きながらホテルマッサージしていたのを覚えています。

私の場合、1本の指でも痛くて痛くてヒーヒー言っていましたが

カミさんは3、4本も・・・

改めてカミさんの底力を感じました。

ホテルマッサージ下積み時代色々なことがありました。

時間があれば書いていこうと思います。

長々と書きましたが最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

交通事故 接骨院 岡崎

 

 

massage_obaasan2

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Facebookはこちら

アメブロはこちら

TEL:0564-73-5556

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ