2021年04月15日

ボンベレスダイブ113

 

 

黒煙が空高く立ち上り火柱が数箇所であがっていた。

想像も出来ない恐ろしいほどの熱気が辺り一面に広がりあらゆるものを溶かし始めていく。

呻き声が重奏低音のように道路を覆い、漏れ出た重油の間から焼け爛れた人がソロリソロリと力無く体躯を動かしているのが確認できた。その前には、ぬらりとした血の帯がアスファルトを被せるように敷き詰められていた。

痛さと熱さで、のたうちまわる人。ぐったりとなり車内で意識朦朧となっている人。

車外に放り出され全身火ダルマで焼け焦げてピクリとも動かない人。

現場は無残さ残酷さを語るにはとても語りつくせない程の酷い修羅場と化していた。

それを見た僕は体がガタガタと震えた。口の中に変な違和感を感じ、一気に唾をのみ込もうとしたのだが喉がぎごちなく上下に動いただけでグクンッと情けない音しかしなかった。九死に一生を得たことへの緊張感がそうさせていたのだと思う。

ふとライフルを持った男がいた高架橋が気になり顔を向け確認してみる。誰もいない。

事故現場に目を戻すと難を免れた車から降りてきた人が、携帯電話で連絡しているのが見て取れた。

もうこれ以上、ここでの長居は無用だ。僕は即座にそう判断していた。この事故において僕たちは完全に蚊帳の外だった。重要参考人には間違いないが、これに絡むと厄介なことに巻き込まれるのは当たり前のように察しがついた。

トラックに同乗者がいたということ自体、まだ知られていない。やがては詳しく調べられて車内に残っている指紋などから僕達の存在が判ってしまうのだろうが、今の僕達には、ここで油を売ってる暇などなかった。

「和樹。いくぞ。」

和樹に向かい目も合わさず、僕はそう言っていた。

「えっ?兄ちゃん、ここにいなくていいの?」

「後続の車から降りてきた人が、今、電話してる。間もなく救急車が来ると思う。俺達は今ここで足止めされている時間は無いんだ。ここで警察に事情聴取でもさせられてみろ。苦労してやっとここまで来たのに、また栃木県に返させられてしまうじゃないか?とにかく今の俺たちには前へ前へと進むしかないんだ。それにグズグズしていると銃撃した犯人がここに調べに戻って来るかもしれないじゃないか。そんなことになってみろ。俺たちは犯人を目撃してるんだから確実に犯人に目をつけられ殺されちまう。急ごう。」

「兄ちゃん、待って。」

そして砂場の傾斜面から下りて普通の一般道に出て進むことにしたのである。

そんなこんなで僕たちは日間賀島へ出港する港までやってきたという経緯があった。栃木県を出発してからすでに半日くらいが経過していた。思えば色んな出来事があったが、それを上手く潜り抜けて無事によくここまで辿り着けたものである。

僕は疲れというものがピークに達し、これ以上話す気力を失いつつあった

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

GHOST 本購入はこちら

世直しドクター 本購入はこちら

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ