2021年03月30日

ボンベレスダイブ110

(高架橋の上)

高速道路の上を横断する高架橋でモクモクと立ち昇る黒煙を見つめている一人の男。

その後、男はきょろきょろと辺りを見回し、誰にも見られていなかったことを確かめると腕に抱えていたライフルをケースに慎重に収め終えたのだった。

「へへ。ざまあみろ。」

男は何やらそう言うとポケットから携帯電話を取り出しある所へ向け電話をかけ始めた。

「もしもし、兄貴?あっ俺っす。はい。はい。そうです。運転手とガキ達は今、始末しました。だからもう大丈夫っす。誰かに目撃されてねえかってことですか?ご安心を。それは抜かりなくやりましたから。ん?大丈夫っすよ。間違えてません。あの会社のトラックは五百m先からでも、よ~く俺には目立ちますから。この岡崎市でもよく見かけるトラックなんで見間違えることなんて絶対ありません。むしろ見慣れているから安心っす。それにガキたち2人が助手席に座っていたのを俺はちゃんとこの目で見ましたから。確かにあのトラックに間違いなかったっす。間違えるなんてこと絶対の絶対、神に誓ってありません。はい。そうですね。完璧っす。今、そのトラックは五十m先で炎上してますんで。よう燃えとりますわ。ここに居てもその熱気が伝わってきて、ものすげえ熱さを感じるっす。ありゃ運転手もガキ達も命は、絶対ありませんぜ。何?目を離すなよって?だから大丈夫ですって。心配症だな。兄貴も。俺を少しは信用してくださいよ。はい、はい。それはもう絶対大丈夫です。兄貴の足がつくことは絶対にありませんから。へっへっ。ここまで仕上げたら、あとはアイツをうまく始末するだけですね。これが終われば一件落着ってことで。そうなったら俺たちだけで祝杯あげましょうよ。はい。はい。わかりました。あがっす。ん?今の言葉ですか?ありがとうって意味っす。そんなあ~ふざけてませんよ。兄貴のため思って、俺はここまでしてきたんじゃねえですかい。兄貴が不安に思うようなことは一切ありませんから。何度も言うけど俺を信じてくださいよ。もう電話切ってもいいっすか?次、しなくちゃいけないことがありますんで。えっ?何かって?やだなあ~兄貴、そんなこともわからねえんですかい。あとはアイツを始末するため、最後の仕上げに俺は行かなくちゃいけないんっすから。忙しいっすんよ。俺だって。じゃあ、今から俺は日間賀島に向かいますんで。はい。わかりました。はい。じゃあ、失礼します。」

男は、そう言うとポケットに無造作に携帯電話をしまいこんだ。

「チッ!!チキン野郎が。あれでおいらの兄貴分かよ。貫禄ゼロだな。俺の前で兄貴ズラするんだったら、もっとどっしり構えてろってんだ。臆病者めが。」

もう一度、男は事故現場へと目を向けてみる。メラメラと立ち上る炎が辺り一面を焦がして、とても手の付けられない状態にまできている。その状況を見るや何やら男はウキウキし出し、にやりと唇の両端を釣り上げて笑ったのである。笑った先にある奥歯には、きらりと光った金歯がしっかりと顔をのぞかせ、これから起こりうるであろう出来事の不気味さを暗示するように漂わせていたのだった。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

GHOST 本購入はこちら

世直しドクター 本購入はこちら

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ