2021年02月17日

ボンベレスダイブ99

 

助手席で凝り固まって身動きも満足に取れずこの死んだように硬直した体をようやく自由にできることがなによりも嬉しいことであったため僕は運転手の質問に対してどもりながらの一つ返事で答えていた。

高速道路のパーキングエリアに寄ること。それは今、僕たちに用意されたオアシスのようなものでありいっときの安堵感を与えてくれる楽園のようなものに匹敵する。

しばらくの間、休憩できる。そう僕達は思っていた。

そうこうしているうちにトラックは、パーキングエリアに入っていく。

「じゃあ、五分な。」

植村が吐き捨てるように僕たちに冷たく言う。

「えっ?」

耳を疑ったが、とにかく僕達は無理を言ってトラックに載せてもらっている身。ここは大人しく従わざるを得ない。数え上げればパーキングでのしたいことは山ほどあるのだが、そこをグッと我慢してトイレをすませた五分後、飼いならされたペットのようにちゃんと時間にシビアに行動しトラックに着席を強要させられることに僕たちは落胆の色を隠せなかった。

本当に面白い程ストップウォッチで計らされたような五分間の休憩だった。あと他には、一切のものが切り捨てられ自由なんてものは素通りさせられた。

時間を計ったように、五分後にはトラックが自動運転でもセットされたかのように動き出していく。1秒でも遅れたらこの植村という運転手は僕達をその場に置いていくに違いない。この男。徹底したかなりの堅物である。

「おい、今のでいくつジャンクション通り過ぎたんだ?」

「兄ちゃん、まだ1つ目だよ。」

「迷っちまうな。」

とにかく、網の目のように張り巡らされた首都高はジャンクションに差し掛かるたびに、縦横無尽に方向を変える。迷路そのものだった。そんな時である。

「殺す。」「えっ?」一瞬、僕は言葉を失う。「さっきから聞いてれば言葉を覚えたての子供みたいによくしゃべりやがって。お前ら、ちょっとうるせえんだ。二度と口もきけねえようにしてやるから覚悟しろ。」堪らずに植村が口走ったのだ。「えっ?」聞き間違いであることを祈る。

「今から、お前達を殺してやるからな。そう俺は言ったんだ。この俺の手で。覚悟しろ。だから大人しくするんだ。」

そう言った後、植村の高笑いが車内で時間にして1分間、続くこととなる。「ええっ?」

僕たちは和樹と口々に聞き返していた。僕たちは顔を強張らせる。

「残念だったな。このトラックに乗ってしまったことを呪え。せいぜい死ぬまでの間、ここで充分楽しむがいい。冥土のみやげになるってもんだ」

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

GHOST 本購入はこちら

世直しドクター 本購入はこちら

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ