2020年05月12日

湖の妖精2

「さっき奥で力なくしょげてたの見ました。」

厨房の中で働いているシェフのワンがチーフに言う。

「アイツ。またさぼってんのか。まったく・・・しょうがない奴だな。」

チーフが厨房の奥をズンズン進んでいく。

行った先には倉庫があり

くだものや野菜の入った段ボールが食材別に積まれてある。

奥のじゃがいもの入った段ボールに腰掛けている一人の男を見つける。

それがこの俺である。

それを見たチーフが俺に向け怒鳴りつける。

「こら。誠。食べ物の段ボールに座るなってこの前から

何回も言ってるのがわからないのか。お客様の大切な食べ物なんだぞ。

傷んじまったらどうしてくれるんだ。」

「すみません。」

力なく俺は応え、ゆっくりヨイショと立ち上がる。

「うちはジャッキーチェンも来たことのある格式の高い中華料理店なんだ。

その辺のところをよくわきまえろ。」

またか・・・何かと言うとチーフは2言目にはジャッキー・・・

ジャッキーである。

最初のころは「へぇ~すごいんだな。」と感心したものだが

あまりにもチーフが何回も自慢して言うものだから

最近、俺の中で今となってはどうでもよくなってる。

ジャッキーチェンと聞いてもなんてことない。

ただのカンフー好きなオッサンに成り下がっている。

「おい。12番の円卓のお客様がコース料理をご注文された。

お前の出番だ。頑張ってくれよ。」

「えっ~またですか。勘弁してくださいよ。

さっきも俺が別のグループのお客さんをとりわけたところなんですよ。」

と不満を漏らす。

申し遅れたが俺、月俣 誠(つきまた まこと)。

この中華料理店でウエイターを務めるアルバイト学生である。

ウエイターと言っても

どういった仕事内容かと言うと

客式の高い中華料理店なので

黒服のスーツをビシッと着せられ

自分の担当になったテーブル番号のお客の頼んだコース料理を

円卓に配るというものである。

当初、始めたころはシェフのワンが俺のスーツ姿を見て

「孫にも衣装だな」と茶化しにきたものだ。

ただ俺の仕事はこれだけだと思うと大間違いである。

それだけではない。

デザートの小皿をお客それぞれに配るならまだいいが

面倒なのはその次に控えている大皿料理である。

こんなチンケな普通の大学生にそんな大それたことさせるなよと

この店のオーナーに言いたくなるのだが

たとえばお客が7人いたら

中央に乗せられた大皿料理をそれぞれ7人に配るという

大役を仰せつけられている。

これの難しいところ・・・

それは7人均等に分け与えること。

サラダやらマーボ豆腐といった分量が適当なものならまだいいが

エビのチリソースなんかは

お客同士は隣人と愉快に話をしていたとしても見てないようなフリをして

じつは穴の開くほど俺の手つきをよく見ている。

たったエビ一尾隣の人が多かっただけで文句を言ってくるのだ。

ひな鳥が親から運ばれてくる餌をたよりに何羽かのひなが

口を大きく開け待っているようなものである。

俺がこの仕事を始めたきっかけ・・・

それは時給がいいのに目を奪われたことによる。

「しょうがないだろ。人が居ないんだから。頼んだぞ。

くれぐれも失礼のないようにな。」

チーフが念を押してくる。

「はいはいわかりました・・・こんな感染の危険のある・・・くそ面白くない・・・」

小さな声でチーフにわからないように反論する。

むしろ俺は今のこの時期に関して言えば

バイト料云々よりも命を大切にする派なのである。

「そうだ。言い忘れた。12番テーブルのお客様、中国のお客様だからな。」

聞いた瞬間、足がもつれて俺はコケそうになる。

 

 

つづく

 

79584989_220x220

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ