2020年02月29日

世直しドクター オレオレ」詐欺編 第9話

 

俺からキツイひと言を言われた孝は

気が動転して狂ったように暴れ出していた。

事務机の上に乗っていたコーラの瓶だったり空き缶だったり

食べかけのポテトチップスの袋を

両手で払い落とし床の上に散乱させた。

乱雑に積み上げられていた1万円の札束も

ざっと五千万円はあろうかと思うほどの量を

払いのけ床の上に散らばらせていた。

「あ~もぉうるさい。うるさい。黙れ。黙れ。黙ってくれ。それ以上言ったらぶっ殺す。

俺を馬鹿扱いしやがって。

そうはいかない・・・そうはいかないからな。

何がフリスビー咥えて戻って来る犬だ。

なんだ?俺は犬以下ってことか?」

「そうだ。」俺は薄笑い浮かべながら躊躇なく応えてやる。

「はっはっは。よくわかってるじゃねえか。」

孝に向けさらに高笑いしてやる。

俺にさんざんコケ下ろされても返す言葉が見つからず

頭を押さえながら馬鹿な男を悔しいが演じるしかない。

どうやら俺の推測したようにこの場から逃げるということはしないみたいだ。

まあそれもそうだ。アニキ達から、「この場を離れるな」と

犬の「おすわり」を命ぜられているのだから。

これで少しでも身に沁みてこの仕事から手をひいてくれるだろうと俺は思っていた。

その時である。

「くそぉ~」突然、孝が狂ったように大声を出す。

「うわぁ~」頭をかかえ奇声を発する。

そのあと虚空を見つめたかと思うと呆然と立ちすくむ。

2転3転と仕草が変わっていく。

やがて独りごとをなにやらブツブツつぶやき始める。

明らかにあぶない奴になっている。

「リーダー・・・逮捕されない・・・かけ子・・・現行犯・・・逮捕されない・・・

受け子・・・俺・・・現行犯逮捕・・・罪・・・すべて・・・かぶせられる・・・」

薬物患者みたいに急に言葉を羅列しはじめ呪文のように唱えだしたのである。

「金ない・・・かあちゃん・・・手術・・・できない・・・」

「そうだ」何かを思い付いたようにつぶやくと

孝は事務机の下にしまっておいたボストンバッグを取り出し

床の上に散らばった1万円の札束を拾い集めにかかっていた。

完全に狂い始めていた。

「ばか。孝。それだけは止めろ。」

「かあちゃん・・・手術・・・金・・・」

夢遊病者のごとく何度も同じ言葉を繰り返している。

「止めろ。孝。」俺は必死に叫び続ける。

しまった。事態は変な方向へと進んでしまった。

やがてリーダー格の男だけが部屋へと戻って来る。

「どうしたんだ。なんだ。このあり様は。」

散乱している部屋の状況に驚く。

「孝、何やってんだ。お前。それは俺達の金だろ。」

リーダーである男が孝のしていることに気付き押さえ込んで止めに入ろうとする。

「かあちゃん・・・金・・・手術・・・」

孝はリーダーの男をはらいのけ尚も一心不乱に金を集めまくっている。

そんな時である。

「バキューン。」銃声の音。

「オギャーオギャーオギャー。」

今まで扉の向こうで気持ちよく寝ていた赤ん坊が銃声の音に驚き目を覚ます。

「ううっ・・・」今まで気を失っていた奥さんも銃声の音を聞いて覚醒し出す。

全てを眠りから覚まさせた銃声の音と同時に

孝が崩れるようにして床に這いつくばることとなる。

「孝、どうした?」おれが叫ぶと

孝がうずくまって腹を押さえている。

そのあと押さえていた手を自分の体の前に持ってくる。

血だらけで真っ赤に染まった手がそこに・・・

「アニキ、なんで・・・?」孝が力なくつぶやく。

「清二、おまえ・・・なんてことを・・・」

リーダー格の男も扉の方向へ目をやり、力尽きたようにその場にへたり込む。

ポタポタポタ・・・孝の腹からおびただしいほどの血が滴り落ちて

床に大きな円形の血溜まりが出来、

やがてそれが大きく広がる。

「うるせえ。人の名前を気安く呼ぶんじゃねえ。

もうアンタとは、さっきまでで兄弟の契りを解消させてもらうぜ。

今からアンタは、俺とは何の関係もねえただのクソ野郎だ。」

扉の方で声がする。

ふと見上げた先には扉のところで銃を構えているかけ子の清二が立っていたのだった。

つづく

doc
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ