2020年02月13日

世直しドクター オレオレ詐欺編 第5話

目が覚めるとまず真っ先にズキンとくる走るような痛みが頭を襲う。

慌てて手で押さえようとするが

体の後ろで両手を縄のようなもので縛られているので手で頭を押さえられない。

椅子に座らされている。

隣にも同じようにされている女性が・・・

目を閉じてピクリとも動かない。

開けたままになっている扉の向こうには小さなベッドがあり

赤ん坊が寝息をたててスヤスヤと眠っている。

「気づいたようだな。」亭主とされる男が俺に言う。

「お前、自分の妻に何をした?」

「ん?いいだろ。別に。自分の女房に何したって。死のうが生きようが俺の思うがままだ。」

それぞれ3人の男が椅子、ソファとバラバラに座りながらこちらをみている。

意識が徐々にはっきりしてきて現在の状況がようやくつかめてくる。

「やっと親玉、かけ子、受け子と役者が揃ったようだな。」

俺はアゴでしゃくってみせ

「あんたが親玉のろくでなし亭主だろ。ここの場所を提供しているからな。

そしてさっきトイレに行っていたお前がかけ子。

そして後から来た俺をバットで殴ったお前が受け子。」

「うるせえ。だまれ。」

「むきになるところを見ると図星のようだな。」

「お前いったいなんなんだ。うちの女房に近づいてきて。」

「馬鹿言うな。向こうから相談しにきたんだ。そして俺が話しを聞いてやったという訳さ。」

「いい気なもんだぜ。

図々しくも好き勝手に俺達のなかに首を突っ込みやがって。

相当ひま人なんだな。お前。

仕事は何やってんだ。」

「さっき言った事もう忘れたのか。このボケ。何度も聞くな。俺は世直し請負人。」

「ふざけやがって。この野郎。」

「アニキ、どうします?コイツ。コンクリ詰めて名古屋港に沈めてやりましょうか?」

「まあ待て。」

「いいか。おい。よく聞け。

あんたにはあの向こうの部屋でスヤスヤ寝ている子が大人になるまで

しっかりと面倒みていかなくちゃいけないという親としての責任があるんだぞ。

それをわかっているのか。

さっき自分の女房に散々言われたことも忘れちまったのか。」

「・・・」

「アニキ、どうした?女房、子供のことを言われると

まるで骨抜きされたみたいに腑抜けちまって。もうちょっとしっかりしろよ。

まさかコイツの言うことをマジで信じてるってことはないよな?」

かけ子の男が口をはさむ。

さすがに自分の女房、子供のことを出されると困るらしく

リーダー格の男は肩をすくめて小さくなっている。

[ちっ!!腰抜けが・・・」

舌打ちした後、聞こえるか聞こえないか程度の小声でぼやく。

続いて俺の方に顔を向け

「おい。世直し請負人とやら。

金を掴むということがどれほど大変かわかっているからこそ

こうして俺達は悪どい事をしてでも逃げに回っているんだ。

言っとくがな。

こうしなければ俺達が生きていくことができない世の中に必然的になってんだよ。

まったく・・・

いったいそれは誰がした?と言いたくなるぜ。

考えてもみろ。

サラリーマンが苦労して一年でようやく稼ぐことが出来る金を

俺達はわずか1時間で稼ぐことが出来るんだ。

コツコツ稼ぐことがどんなにアホらしいことか。

この前なんかどこにも身寄りもねえ寂しそうにしているババアだったが

ありもしねえ法律ちらつかせ騙してやったら

1億円を数回に分けてポンッポンッポンッと出しやがったよ。

これを聞いてどう思う?俺達ばかりが悪いのか?

金を払う側にも非が無いとは決して言えないとは思うがな。

この世の中はチンタラしてると

いつ生き馬の目を抜かれるとも限らない世の中だ。

それを俺達は油断してるアホな奴に世の中はそんなに甘くねえってことを教えてるだけよ。

だけどよ。金を持ってるもんだな。年寄りってもんは。全く驚くぜ。

それでこそ騙し甲斐があるってもんだ。

宝くじ買うよりも比べ物にならねえくらい確率が高い。

こんなおもしれえ仕事。他にあるか?

最高じゃねえか。俺達は簡単に夢を掴むことが出来るんだ。

これのどこが悪い。

俺達に騙される馬鹿が悪いんだよ。馬鹿が。」

呆れるほど開き直っていて

なんら悪びれる様子もなくシャアシャアと話すこの冷酷な男に対して

俺は感情を抑えることが出来ず怒りが沸点に達し

身ぶるいせずにはいられなかった。

つづく

mig

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ