2019年11月21日

映画 スノ―ロワイヤル

 

自分の子供を誘拐されるか殺されるかして復讐を誓う父親役。

 

リーアム・ニ―ソン主演の映画では

 

ほぼ定番になってます。

 

 

ただこの映画の面白いと思ったのが

 

型にはまってない奇想天外なところ。

 

模範市民賞に選ばれて受賞された直後だったにもかかわらず

 

陰ではマフィアを壊滅させるべく次々と復讐のため殺人を繰り返しているところだったり

 

通常の設定だと

 

父親VS1組のマフィアとなるところですが

 

そのマフィア・・・早合点して敵対するマフィアの仕業だと考え

 

先方のボスの息子を殺してしまい混乱した形へと突入していきます。

 

勘違いが勘違いをよび

 

2つのマフィアと警察を巻き込んだ

 

もはや収拾のつかない四つ巴の戦いへと発展。

 

こんなことあったら面白いんじゃないかと想定した

 

監督の意図がみえてきます。

 

各所にこの映画の独自性が表れていて

 

私は楽しく見れました。

 

人が殺されて亡くなる度に

 

名前と十字架が表示されるので

 

これまた違った感覚を味わえます。

 

あと見ていて思ったのが

 

それにしてもリーアム・ニ―ソン老けたなと・・・

 

たくましさを感じるどころか老いによる弱弱しさを感じて・・・

 

本当にこの人間が1人でマフィア壊滅を図れるものだろうか?

 

と不安になってくる一面も。

 

「頑張れ。」と応援したくなる映画です。

 

それがいうなれば監督の本当の意味での

 

意図するところなのかもしれません。

 

V6FFfqFxwzDmg

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ