2019年09月12日

スズメバチの脅威

 

 

和歌山県でスズメバチに刺された男性が死亡したという記事を見ました。

 

夏場に多いかもしれませんが

 

でも季節問わずこういった記事はよく見ます。

 

詳しく状況を書くと

 

10日、午後1時過ぎ、和歌山県の山中で

 

「70歳くらいの男性が山の中で倒れている」と

 

110番通報がありました。

 

警察が現場に駆け付けると

 

側頭部や胸、両手足など

 

全身10ヶ所以上をスズメバチに

 

刺された男性が倒れていて

 

搬送先の病院で死亡が確認されたというもの。

 

亡くなったのは近くで農家を営んで見える方で

 

警察によると

 

倒れていた男性の周りを

 

スズメバチが数匹飛んでいて

 

遺体には針が残っていたということです。

 

男性は稲刈りの途中、休憩のため

 

山に入りスズメバチに襲われたとみられていて

 

警察が詳しい死因を調べています。Yahooニュースから引用

 

というものでした。

 

怖いですね。スズメバチ。

 

男性はショック症状で

 

お亡くなりになったんでしょうね。

 

ご冥福をお祈りします。

 

熊なんかと違ってスズメバチの本当に怖いところは

 

街中のいたるところ

 

ちょっとしたスペースがあれば

 

巣を作り生存しているということです。

 

だから人間の生活圏内の

 

ごくごく身近な所にスズメバチがいて

 

出くわす可能性がかなり高いと思われます。

 

私も他人事とは言っていられません。

 

実は私が勤めている会社の建物にも数本の木がありまして

 

何度スズメバチの巣を私が撤去したことか。

 

駆除しても駆除してもスズメバチのヤローはとてもしつこくて

 

場所を変えては至る所に巣を作ってきます。

 

まさにイタチごっこ。

 

会社には女性の比率が多いため

 

私が会社に出向くことがあったりする時は

 

必ず男である私にスズメバチの巣の撤去命令がまわってくるわけです。

 

いつも命の危険を感じつつも

 

外見では鎧をまとった戦士のように勇ましく装っていますが

 

実のところ

 

サバンナで四方八方ライオンの群れに周りを囲まれてしまい

 

今まさに襲われるであろうイボイノシシのように

 

ビクビク震えながら

 

薬局で1000円で買った撃退スプレー片手に

 

スズメバチ達がブンブン羽音を響かせている中

 

刺されないように必死の思いで巣を撤去するために頑張っています。

 

もしこの先、ブログが停止しているようなことがあったら

 

スズメバチのヤローに南安城整骨院の院長は

 

襲われたんだなと思って頂いて間違いありません。(笑)

 

みなさんも刺されないように気をつけてください。

 

suzumebachi

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ