2019年05月22日

K

朝、整骨院近くのコンビニに立ち寄ろうとした時のこと。

 

建物内に入ろうとした時

 

店の奥の方から手前レジへ向かおうとしている男の客に

 

見覚えのある顔が・・・

 

「あれっ?あれは確かK。」

 

その男は奥のレジが客が居なく空いているのに

 

わざわざ手前のレジまで来て

 

商品を他の客のレジ打ちしている若いネエチャンに渡すのだった。

 

どうして奥のレジの人に商品を渡さないのだろうと不思議に思い

 

奥を確認してみると

 

ナイスずんどうバディーのシニアなご婦人が

 

レジ後ろに鎮座しているではないか。

 

鎮座??仕事中に鎮座出来ないはず・・・

 

失礼。

 

鎮座していると見間違うほどシンプル体型をしたドラミちゃんタイプのご婦人が

 

ちゃんとレジ背後に一人寂しくたたずんでいる。

 

「いらっしゃいませ~こちらへどぉぞ~。」

 

ドスの効いた低い声で

 

なぜか自分の所に一向に会計にやって来ない客へ向け

 

狼が遠吠えしているように空しく連呼している。

 

はは~ん。なるほど。そういうことか。

 

Kは私とコンビニの外と内で互いに一瞬だけだが

 

目が合ったと思うのだが

 

私の存在など全然意識にないといった感じで

 

手前のレジへまっしぐら。

 

トロンとした甘い視線をレジのネエチャンに送るとともに

 

その場を一歩も動かずただただネエチャンに視線釘付けといったご様子。

 

というより

 

見とれているといった感じやったね。あれは。

 

Kとは小学校、中学校同じ学校で同じクラスにはならなかったものの

 

福釜町という住んでいた所が一緒だったためお互いよく知っていた。

 

最近ではお互い忙しいこともあり10年前に地域の会合で再会。

 

それからだから私と会うのは実に10年ぶりというもの。

 

「Kのヤロー。10年ぶりに会う俺を差し置いてまで

 

コンビニのネエチャンに夢中になりおってからに。まったく。

 

地面につきそうなほどだらしなく鼻の下伸ばしやがって!!」

 

などとハシタナイ言葉を使いながらもKに対して思う訳である。私としては。

 

Kの住まいのある福釜町からここまで5Kmほど離れているが

 

きっと会社に向かう途中に

 

このコンビニがあるのかもしれない。

 

毎朝会うコンビニのネエチャンにラブ注入されて

 

元気をもらった気分で会社に行っているんだと思う。きっと。

 

これを言うとKには可哀相だが

 

全然全くと言っていいほどコンビニのネエチャンの態度はしらけていたが。

 

5kmもの距離なんか気にもせず

 

決まって同じコンビニに毎朝足しげく通い

 

私を完全無視する程ネエチャンにうつつをぬかしてる訳だから・・・

 

熱の入れようはすごい。

 

 

 

 

 

レジの前に立つKの姿を例えるならば

 

まるでご主人様から

 

ドッグフードをもらえるのを楽しみに待つ

 

尻尾をブンブン振って

 

ハアハア激しく呼吸している

 

ワンコロそのもの。

 

あまりにも私の目の前で

 

Kがネエチャンに熱い視線を送っているものだから

 

私もKに話しかけるのを止め

 

気付かれないようKの横を通り過ぎ

 

完全無視してやった経緯がある。

 

どうか・・・どうか・・・

 

おっさんの涙ぐましい努力

 

かなりハードルが高そうに見えるのだが

 

報われてほしいものである。

 

 

 

 

※このブログを見るとKはきっと怒るだろうから

 

もう2度と私は生まれ故郷の福釜町に

 

足を踏み入れることはないだろう

 

と思っている。

 

覚悟してる。バイバイ福釜町。

 

 

50127054_2128184590570867_7030266845271703087_n

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ