2017年09月25日

床屋の主

 

 

昨日は患者様がとても多く来て

 

昼食は食べることができず結局昼食兼夕食を食べることが出来たのは午後7時になってからだった

 

日曜日営業している整骨院はなかなか無い為、当院へお越しになる方が結構多いのだと思う

 

嬉しい悲鳴ではあるが。

 

午後6時30分に最後の患者様が来た時には

 

朝の元気もどこへやら蚊の鳴くような小さい声しか出なくなっていて

 

最後の力をふり絞って施術していた状況があった

 

はっきり言ってあまりの忙しさに自分のケア―もままならない状態になっている

 

話し変わるが当院の上の階に住んでいる住民で

 

近くで理容店を経営してみえる方がいる

 

まだ当院の患者としてお越しになってないのだが。

 

腰・背中から肩のラインに向けてのS字カーブが酷く湾曲してみえて

 

その方をみる度、固くなった小菱形筋やら僧帽筋をほぐしてあげたい衝動にかられるのである

 

一回、窓越しではあるがその方がお店の中でお客さんに対して髪を切っている姿を見たことがあった

 

背中を曲げながら見るからに辛そうな感じでハサミを持ってチョキチョキしている姿が印象的だった

 

身体のケア―はいかに大事かということを教えてくれているような気がする

 

この前、そんな彼が何を思ったのか急に当院に入ってきて

 

患者としてではなく柄のついたミッフィーのタオルをくれたことがあった

 

いきなり入ってきて「これあげる」

 

この一言のみを言い残し整骨院を去っていった

 

呆気にとられてしまった

 

いつも道で会うと挨拶程度の声かけしかしないのに・・・

 

不思議なつながりである

 

初老の男性からタオルをプレゼントされたのは生まれて初めての経験といっていい

 

どういった意味があったのか未だにわからない

 

自分の店の宣伝としてロゴの入ったタオルならまだしも何のつながりもないミッフィ―である

 

何だかよくわからないのでこのタオルは未使用のまま使わないでいる

 

整骨院とつながりを持つ持たないに限らず

 

気軽に寄って頂ける憩いの場でありくつろぎの場所のような

 

隠れ家的存在になっていることが何よりも嬉しい

 

南安城整骨院は、そんな素朴な人達に可愛がられ、元気をもらっている

南安 城一郎

 

miffy-1

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
安城市交通事故後遺症・むちうち対応します。南安城整骨院(接骨院)にご相談ください。

南安城整骨院HPページ

インスタグラムはこちら

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ