2019年12月04日

素敵なクリスマスが訪れますように。

 

 

ひとりぼっちのクリスマスイブ 前篇

 

 

 

 

ひとりぼっちのクリスマスイブ 後篇

 

 

 

 
christmas

2019年11月28日

交通事故から我が身を守る

 運転中の事故から身を守る!近づくと危ないクルマの行動パターン12選より引用

 

 ヘッドライトの点灯タイミングが遅い車

 

 今の車は昔と違ってヘッドライトが点いていなくても

 

 スピードメーターが点灯していて明るいですからね。

 

 ヘッドライトが点いているのか?いないのか?気付かないのかもしれません。

 

 昔の車はヘッドライトが点いてないとスピードメーターが真っ暗でしたから

 

 ヘッドライトが点いていないということは容易にわかったもんです。

 

 薄暗くなってきてもヘッドライトをつけないクルマがけっこういます。

 

 トンネルの中や市街地は照明や街灯が明るいので、

 

 ヘッドライトの点灯を怠りがちになります。

 

 これらは、周囲のクルマに気を配っている人なら、

 

 早めにライトオンにした方が、

 

 被視認性が高まることを知っているはず。

 

 他人のことは気にならない人ほど、

 

 他人に見られていることを考慮していないみたいです。

 

 夕方は日没の30分前からヘッドライト点灯

 

 日中でも、雨が降ったらライトを。

 

 朝方も、しっかり太陽が昇るまではライトオンというのが基本。

 

 夕方、西日がまぶしい時間帯に、

 

 太陽を背にして走るようなときも、

 

 逆光対策でヘッドライトを点灯した方が安全です。

 

 車のヘッドライトは電気代がかからないし

 

 燃費にもほとんど影響しないので

 

car_hazard-lamp_13018-300x225

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年11月26日

日々進化する交通事故対策

 

交通事故の患者さんで

 

過失割合で双方合意に至らず

 

保険屋さんを通じて話し合われている方がいます。

 

10:0と明らかに認められるものなら

 

いいのですが

 

事故に遭われる状況は人それぞれ。

 

その方も100%とは

 

いかない状況でして・・・

 

でも・・・

 

明らかに交通事故対策は進歩しています。

 

車の性能がよくなると共に

 

あおり運転の事故を境に搭載されることが

 

多くなったドライブレコーダー。

 

 

しっかりと状況証拠となるものが加わったことにより

 

事故処理がスムーズに進行していくケースが多くなっているように思います。

 

あいにくその方は両者共ドライブレコーダーを搭載していなかったようですが・・・

 

でも・・・

 

たとえ当事者がドライブレコーダーを搭載してなかったとしても

 

現場近くにいた車が搭載している可能性は0とは言えない訳ですから。

 

とりあえず警察に行って困っている旨を伝えれば

 

何か手立てを講じてくれるのではないかと思います。

 

例えばよく見るかと思いますが

 

立看板を出して事故当時近くにいた車に

 

呼びかけてくれたりとか・・・

 

もし名乗りを上げてくださる人がいたのなら

 

解決に向けて一歩前進になるのではないかと。

 

 

 

koutuujiko

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年11月24日

映画 サバ―ビコン 仮面を被った街

 

ひと言で言えば、ブラックユーモアサスペンス映画って感じですね。

 

諸説あるとは思いますが

 

私は楽しめた方です。

 

実際にあった黒人に対しての迫害シーンについては

 

あまりいい気はしませんでした。

 

でも作りあげている所もあるとは思いますが

 

あんなこと実際にあったんだと思うと

 

今のアメリカのトランプ大統領の言ってる

 

「アメリカファースト」の裏の実態はこれなのかなと思ってしまいました。

 

あと同時進行ですすめられる

 

保険金殺人を狙った者達の

 

どんどん取り返しのつかない方向へと落ちて行く末路。

 

これまた何とも歯がゆさが残るシーンではありました。

 

マット・ディモン ジュリアン・ムーア

 

の演出と奇想天外なストーリーにひきこまれたのもありますが

 

特に気になったのが

 

子役ででていたノア・ジップですね。

 

演技の上手さが光ってたと思います。

 

マジックミラー越しに何人かの容疑者を確認している時

 

明らかに2人が嘘を言っていると気付いた時の

 

驚きの表情。その時の視線の移し方。

 

終盤では父親との食卓のシーンで見られた怒りと悲しみの演出。

 

う~ん。上手い。私はあの辺の演技の上手さ見落とさなかったです。

 

「おみごと」の一言です。

 

とても演技とは思えない表現方法に将来への有望性を感じました。

 

今後有名になっていく素質おおありだと思います。

 

それらのことが相まって楽しめた映画でした。

 

監督はあのER,オーシャンシリーズで有名なジョージ・クルーニー。

 

さすが芸達者だと思います。

 

heartdrop_como-1298797

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年11月23日

「元かけ子」が語る特殊詐欺の実態

 

フィリピンで日本人36人が拘束された事件で

 

詐欺グループに属し「かけ子」をしていた元メンバーが

 

特殊詐欺の実態をテレビの取材に対し語ったそうです。

 

それによると

 

「月100万稼げると聞いて入ったが、

 

実際は15万だった。後悔の気持ちしかない」と語ったとのこと。

 

きっかけは「ツイッター」からの求人で

 

「月100万円は当たり前」との募集の書き込みがあり

 

それに採用されて内部に入ってみると

 

「実際は15万円だった」と語るのは

 

11月13日フィリピンで拘束された日本人の男36人の特殊詐欺グループで2019年4月まで

 

被害者に詐欺の電話をかける「かけ子」役をしていた元メンバー。

 

やっぱり・・・そういうもんですよ。

 

それで「話しが違うじゃないか。」なんて言うと

 

「お前の働きが悪いからそうなるんだろうが。

 

ろくな成績もあげてないくせして一人前のようなこと言うな。

 

もっと金が欲しかったら、もっと年寄りを騙し

 

もっと顧客を掴んでこい。」

 

と言ってくるでしょうね。

 

でも仮に一生懸命働いていたとしても

 

褒賞は1件あたり日本円で5千円から1万円しかもらっていなかった

 

と言うのが本当のところみたいですから

 

いかに上に君臨している大ボスが金を吸い上げているのかがよくわかります。

 

手元に残ったのは数万円だったとのこと。

 

なんとも「哀れ」の一言です。

 

この元メンバーは

 

日本に帰国後、逮捕されはしたものの起訴されず不起訴になったみたいですが

 

もしこれが起訴になり前科がついていたと思うと

 

自分の人生を特殊詐欺グループによって

 

メチャメチャにされたことになっていたと思います。

 

騙されたと後悔する前に見切りをつけて

 

早く逃げ出さないと。

 

早い方がいいですから。

 

どっぷり浸かる前に・・・

 

取り返しがつかなくなる前に・・・

 

今が潮時です。

 

 

特殊詐欺1

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院HPページ

Facebookはこちら

アメブロはこちら

住所:愛知県安城市日の出町2-20

公共機関:名鉄西尾線 南安城駅 徒歩3分
JR 安城駅 徒歩10分
安城市内循環あんくるバス0番
「日の出」バス停留所より徒歩0分

TEL:0566-45-5427

メールでのお問合せはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

南安城整骨院・接骨院のおもしろい院長ブログ

安城市にございます南安城整骨院では、院長がブログを配信中です。院内の出来事や治療の事、お体の事、あるいは日常のちょっとした出来事などを綴っておりますが、ご覧いただいている常連の患者様などからは、文学調で面白いとか、エッセイを読んでいるようだとの感想を頂戴しております。
単に痛みの話や交通事故治療の話を語り、南安城整骨院・接骨院にいらしてくださいというのではなく、どこか小説を読んでいるような面白さでございます。是非一度、ご覧いただき、院長の成りや人柄、考え方に触れていただければ幸いです。
整骨院・接骨院での治療は直接お体に触れ、患部の症状を和らげていきます。そのため、やはり施術する人がどんな人であるのかは、患者様の関心事でございます。ブログを見て、この人なら任せられると思った方は、ぜひお気軽にご相談ください。

治療や料金について 患者様からの声
ページの先頭へ